Mac で仮想マシンのパフォーマンスを向上させる

124 users found this article helpful

Mac で仮想マシンのパフォーマンスを向上させる

症状

原因

パフォーマンスの不足には次の複数の原因が考えられます。

基本

仮想マシンのパフォーマンスは直接コンピューターのハードウェアリソースに関連しています。両方のシステムの推奨システム要件に従って、ホストオペレーティングシステム(macOS)とゲスト(VM)の間に均等なハードウェアリソースを割り当てることも非常に重要です。


Parallels Desktop for Mac バージョン 14 から、次の新機能が追加されています。CPU 使用率モニター。Windows での CPU 使用率が 70% を超えると、仮想マシンのウィンドウトレイの CPU 使用率モニターが赤くなります。CPU 使用率モニターをクリックして、Windows のどのプロセスがコンピューターの CPU に負荷をかけているかを確認できます。プロセス名をクリックすると、選択したプロセスが表示された状態で Windows タスクマネージャーが起動します。


コンピューターのパフォーマンスは主に以下の複数のハードウェアコンポーネントに依存しています。CPU、RAM およびハードディスク。今のところ CPU は交換できませんが、ほとんどの Mac コンピューターは RAM とハードディスクのアップグレードに対応しています。

ソリッドステートドライブで Mac をアップグレードする

Mac でハードディスクドライブ(HDD)を使用している場合、ソリッドステートドライブ(SSD)と交換することを強くお勧めします。これにより、Mac のパフォーマンスを 2~3 倍へと大きく向上させることができます。すべての Mac ユーザーに推奨したい機能強化です。ディスクの交換でサポートが必要な場合、お住まいの地域の Apple 正規サービスプロバイダーにお問い合わせください。

ヒント: Mac のドライブのタイプは、"システム情報" レポートで確認できます(アップルのアイコン > [この Mac について] > [システムレポート...][ハードウェア] > [SATA/SATA Express] の順にクリックします)

より優れたメモリモジュール(RAM)で Mac をアップグレードする

アクティビティモニターでメモリ使用量が最大になっている場合、ご使用の Mac でモジュール容量の大きい RAM と交換できるかどうか確認しましょう。

詳しくは、以下の記事を参照してください。


ソフトウェア設定を確認する

macOS

  1. スタートアップディスクに十分な空き容量があることを確認します。詳しくは、次の記事を参照してください。KB 123553
  2. アクティビティモニターを使用して、高い割合でシステムリソース(CPU とメモリ)を消費する不要なアプリケーションは何かを確認します。
  3. 仮想マシンの動作中に Time Machine のバックアップが実行されていないことを確認します。バックアッププロセスは、システム全体のパフォーマンスが低下する原因になる場合があります。

Parallels Desktop 環境設定

  1. Parallels Desktop のバージョンの最新のビルドを使用していることを確認してください。

    • macOS メニューバーで Parallels Desktop アイコン > [更新をチェック...] をクリックします。更新があればダウンロードしてインストールします。
  2. 仮想マシンを Mac HD(内部ストレージ)に保存します。USB ディスクまたは NAS から VM を実行すると、VM のパフォーマンスが大幅に低下する可能性があります。
  3. 複数の仮想マシンを一度に実行する際には注意してください。それぞれの VM が大量のリソースを消費し、全体的なコンピューターのパフォーマンスが低下する可能性があります。
  4. Mac 側でウイルス対策を無効にしてみてください。また、ウイルス対策ソリューションが管理する既知の承認済みソフトウェアのホワイトリストに、Parallels Desktop 仮想マシンのロケーションを追加することもできます。

仮想マシン構成


注: Parallels Desktop 17 以降では、自動リソースマネージャー機能の使用を推奨します。Parallels Desktop 17 では、仮想マシンを起動する前に Mac のハードウェアを評価し、必要に応じてリソースを割り当てることができます。これにより、すぐに使用可能な環境を提供します。さまざまな異なる Mac ハードウェアに仮想マシンを展開する際に、この新機能を利用することで、ユーザーが Mac 上で Windows を最大限に活用できるようにします。


仮想マシンの [構成] > [ハードウェア] > [CPU およびメモリ] > [自動(推奨)] を選択して、このオプションが設定されていることを確認してください。

 

仮想マシンに割り当てられている CPU のコア数とメモリの容量を手動で調整したい場合は、以下の手順を実行します。

Parallels Desktop 16 またはそれ以前の Parallels Desktop を使用している場合は、VM をシャットダウン([処理] > [シャットダウン])してから、 [構成] > [ハードウェア] タブ > [CPU およびメモリ] を開き、プロセッサー(CPU)のコア数とメモリの容量が推奨値を超えていないことを確認します。仮想マシンに半分以上の CPU を割り当てると、Mac と VM の両方でパフォーマンスが低下する可能性があります。

注: Parallels Desktop 16 およびそれ以前のバージョンでは、カスタムの RAM 容量を設定することができますが、設定値を 1024 の倍数(1024、2048、3072 など)にしておくことを強くお勧めします。そうでない場合、Windows の動作が不安定になる可能性があります。

2. Parallels Desktop 16 および Intel プロセッサー搭載 Mac コンピューター向けの旧バージョンの Parallels Desktop では、[ハードウェア] > [グラフィック] で [メモリ] オプションを [自動(推奨)] に設定します。

Apple M1 チップを搭載した Parallels Desktop for Mac コンピューターでは、仮想マシンでの作業に最適な環境を提供するために、システムメモリがグラフィックに使用されています。詳細については、KB 125351 を参照してください。

3. [オプション] > [最適化] で [リソース使用量] を [制限なし] に設定します。

4. Mac で HDD または Fusion Drive(SSD ではない)を使用している場合、[TRIM] オプションが無効になっていることを確認してください([ハードウェア] > [ハードディスク] > [詳細設定...] > [TRIM オプションを有効にする] オプションのチェックを外す)。

 

5. 仮想マシンを起動し、パフォーマンスをテストします。

Windows 仮想マシンの場合の解決方法

  1. 保留中の Windows アップデートをすべてインストールします。その後、仮想マシンを 2~3 回再起動して変更を完全に適用します。
  2. 仮想マシンをめったに使用しないユーザーが、仮想マシンを長期間使用していなかった後に起動すると、まれにパフォーマンスの低下やその他のパフォーマンス問題に遭遇する場合があります。Windows が必要な内部ジョブとその他の必要なメンテナンスタスクを終えるまで待つことを推奨します。それでも Windows の動作が遅い場合は、次に説明するように、タスクマネージャーを確認して CPU リソースが消費される原因を突き止めてください。

    仮想マシンの CPU 使用量は、ゲストオペレーティングシステムの使用量に直接依存します。仮想マシンが CPU リソースを大量に使用していることに気付いた場合は、タスクマネージャーでゲストオペレーティングシステムの CPU 使用量を確認します(Windows のタスクバーで右クリック > [タスクマネージャー])。

  3. Windows プログラムのどのプロセスが大量の CPU を使用しているかを突き止めたら、ソフトウェア製造業者のナレッジベースを参照し、さらなる情報を確認します。ソフトウェアの種類によっては(ビデオ編集、写真編集、CAD、ビデオゲームなど)、CPU の使用量が多いのは普通の状態です。

  4. クリーンブートを実行して、サードパーティー製アプリケーションの影響がない状態を確保してください。
    : 手順 3 では、Parallels サービスを有効にしておいてください。
  5. KB115549 に記載されているように、Windows の仮想ハードドライブをチェックしてみてください。

オプション

Windows の仮想ハードドライブに対して、こちらに記載されている方法でデフラグを実行します。

Was this article helpful?

Tell us how we can improve it.