コヒーレンス(Coherence)モードに入らない

0 users found this article helpful

コヒーレンス(Coherence)モードに入らない

症状:

 

原因:

この原因は以下となります。

 

解決策:

継続する前に、開発チームがこの問題を調査できるように、お手数ですが、レポートIDを取得してください。

注意点:以下のトラブルシューティングの手順を実行する前に、バッグアップすることを強く勧めします。

次のステップを試してみてください。各ステップは問題を修復で切る可能性がございますが,修復されていなければ次のステップへ進みます。

 

ステップ1 -もし複数のディスプレイをお持ちしている場合、Parallels Desktopを更新してください。

Parallels Desktop 7のMacと複数のディスプレイを使用する場合は、以下のように更新をご確認ください: 

112373 - 複数のモニタとの整合性を切り替えることはできません。

 

ステップ2-コヒーレンスに切り替える時に、エラーが発生します。

以下のエラーメッセージ(全く同じエラーメッセージ)が得られた場合、コヒーレンスビューモードへの切り替えをご試してください: 

 

An error occurred while switching to Coherence. Please try again.

 

以下の文章をご確認ください。

112647 -エラー:コヒーレンスに切り替える時に、エラーが発生します。

 

ステップ3 -すべてのウィルス対策ソフトをアンインストールします

ウィルス対策ソフトを仮想マシンからアンインストール“coherence.exe” と “prl_hook.dll” ウィルス対策ソフトから除外します。問題が解決したら、ウィルス対策ソフトを入れ直します。

 

ステップ4-Parallels Toolsを再インストール

上述したように、この問題は、仮想マシンにおいて破損されたビデオ・ドライバによって引き起こされる可能性があり。Parallels Toolsパッケージは、仮想マシンのドライバを提供します。下記の手順に従ってParallels Toolsをインストールしてください。

8969  - Parallels Toolsのインストールができない。

4841 – Windows上でParallels Toolsを再インストール

 

ステップ5-VMを閉じ、そして再起動してください。

Was this article helpful?

Tell us how we can improve it.