Unified Azure Virtual Desktop (AVD) Integration: Configuration

0 users found this article helpful

一元化された Azure Virtual Desktop(AVD)統合構成

Parallels RAS から Azure Virtual Desktop 環境を構成して拡張し使用できます。

Azure Virtual Desktop と Parallels RAS を統合するには、いくつかの前提条件があります: 一元化された Azure Virtual Desktop 統合: 前提条件:

Azure Virtual Desktop 管理を有効化:

Azure Virtual Desktop の構成。

1. Azure Virtual Desktop プロバイダーの追加:

2. ワークスペースの作成、または既存のワークスペースを選択

3. Azure Virtual Desktop ホストプールの作成:

4. テンプレートはホストプールと同じウィザードから作成することも、[テンプレート] タブから手動で作成することもできます。次の主要パラメーターを構成する必要があります。



注: [場所] は、VM が後で接続される仮想ネットワークの場所と一致している必要があります。そうでない場合、次の手順で仮想ネットワークを選択することができません。

5. 適切なホストプールからデスクトップまたはアプリケーションを公開します。


: Microsoft のポリシーに基づき、同じホストプールからデスクトップとアプリケーションを公開することはできません

クライアント側

アプリケーションのクライアントマシンを起動するには、次の要件を満たす必要があります。
Azure Virtual Desktop クライアント側の最小要件
 

Was this article helpful?

Tell us how we can improve it.