Parallels Desktop Enterprise Edition で仮想マシンの構成を編集から保護するには

0 users found this article helpful

情報

Parallels Desktop Enterprise Edition には、仮想マシンの構成をパスワードで保護する機能があります。Parallels Desktop を展開するとき、展開パッケージにソース仮想マシンを追加する前に、この仮想マシンにパスワードを設定することができます。展開した仮想マシンでもパスワードは保持され、Mac ユーザーは正しいパスワードを入力せずに構成を変更できません。

 

Parallels Desktop の GUI を使用してパスワードを設定する

Parallels Desktop の GUI を使用してパスワードを設定するには:

  1. Mac OS X で Parallels Desktop を開き、必要な仮想マシン(一括展開の準備を行う場合、ソース仮想マシン)を選択します。

  2. Parallels Desktop メニューバーで、[仮想マシン]>[構成]を選択し、仮想マシンの構成画面を開きます。

  3. [オプション]タブをクリックします。

  4. 左ペインで[セキュリティ]を選択します。

  5. 右ペインで[編集の制限]オプション(ボタン)を探します。このオプションがオフの場合、ボタンのテキストは「暗号化する」になっています。これをクリックすると、オプションがオンになります。

  6. 次の画面でパスワードを 2 回入力し、[OK]ボタンをクリックします。ボタンのテキストが「暗号化を解除」に変わります。

パスワードを変更または削除するには:

パスワードが設定され、ユーザーが仮想マシンの構成を表示または変更しようとすると、パスワードの入力を求めるダイアログが表示されます。正しいパスワードを知らないユーザーは、仮想マシンの構成ダイアログへのアクセスが拒否されます。

 

コマンドラインツールを使用してパスワードを設定する

GUI に加え、prlctl コマンドラインユーティリティを使用して仮想マシンのパスワード保護を設定、リセット、表示することができます。

パスワードを設定するには、ターミナルで次のコマンドを入力します。

prlctl set "vm_name" --password-to-edit

ここで vm_name は、引用符で囲んだ仮想マシン名です。

パスワードを入力し、確認することが求められます。

Please enter a new password:
Please confirm password:

パスワードを変更または削除するには、次のコマンドを入力します。

prlctl set "vm_name" --password-to-edit

ここで vm_name は、引用符で囲んだ仮想マシン名です。現在のパスワードを入力することが求められます。

Please enter current password:

次に、新しいパスワードを入力し、確認することが求められます。パスワードを削除するには、空白のまま Enter を 2 回押します(パスワードの入力と確認を求められたとき)。

Please enter a new password:
Please confirm password:

現在の保護状態を確認するには、次のコマンドを入力します。

prlctl list "vm_name" -i

次のような出力があります。

Encrypted: no
Edit restricted: yes


 

Was this article helpful?

Tell us how we can improve it.