Search

Language:  

Available article translations:

prl_vm_app の CPU 使用量が SMP Windows ゲスト OS のタスクマネージャーで報告された使用量を上回っている

APPLIES TO:
  • Parallels Desktop for Mac Home Edition

症状

お使いの Mac のアクティビティモニターでprl_vm_app プロセス(Parallels Desktop 8 の Parallels VM)(仮想マシンの実行を担当)の CPU 使用率が 100% を超えていることが確認できます。

同時に、Windows 仮想マシンのタスクマネージャーに妥当な CPU 使用量(10 ~ 20% 以下)が表示されます。お使いの Mac には複数の CPU がインストールされています。

原因

Mac と Windows では CPU 使用量の計算方法が異なるため、数字が異なります。

Windows の場合: CPU の数に関係なく、例えば CPU を 6 個インストールしている場合、6 個の CPU リソースすべての総使用率は 100% に等しくなります。
Mac の場合: 搭載している CPU の数に 100% を掛け合わせます。例えば CPU を 6 個インストールしている場合、Mac 上の総使用率は 600% に等しくなります。

Mac 側の CPU パワーの一部は可視化目的でも使われています。

上記スクリーンショットの例に基づいて見てみると、Windows 仮想マシンの CPU の 17% は Mac 側では 17 × 6 = 102% に等しくなり、さらに 8.5% を可視化目的で使っています。つまり、合計 600% のうち Parallels が CPU の 110.5% を使用しており、Mac にはその他の目的に使用できる十分な CPU が残っていることになります。

解決策

お使いの Mac に 2 個以上の CPU が搭載されている場合、アクティビティモニターで使用率が 100% 程になったとしても許容範囲であり、Mac のパフォーマンスが低下するわけではありません。従って、対処の必要はありません。

 Mac または仮想マシンでパフォーマンスが低下し操作に問題があると思われる場合は、KB 116263 をご確認ください。

 




1e5db16426987d561060acdf56d947b4 a9c6e0b6a5209e617a7c0dd5eace86cf

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No