Search

Language:  

Available article translations:

エラー: Coherence への切り替え時にエラーが発生します

APPLIES TO:
  • Parallels Desktop for Mac Business Edition
  • Parallels Desktop for Mac Home Edition
  • Parallels Desktop for Mac Pro Edition

Automatic import from KB #112647

症状

Coherence モードへの切り替えを試みると、以下のエラーメッセージが表示されます。

Coherence への切り替え時にエラーが発生します。 やり直してください。 問題が継続する場合、Parallelsサポートチームに連絡してください。

原因

これは、以下のいずれかの原因で発生します。

  • 仮想マシン内のアンチウイルスソフトウェアまたはファイアウォールが Parallels Desktop プロセス用の Coherence ツールへのアクセスをブロックしている。
  • 仮想マシン内のアンチウイルスソフトウェアまたはファイアウォールが Parallels Desktop プロセスの Coherence ツールへのアクセスをブロックしている。
  • Coherence ツールサービスの内部エラー

解決策

仮想マシン内で以下を実行します。

アンチウイルスソフトウェアまたはファイアウォール:

  1. アンチウイルスとファイアウォールを無効化します。

    • 問題が解決した場合、アンチウイルスプログラムの例外リストに、以下のプロセスを追加します。

    • coherence.exe              - prl_hook.dll

    • これが成功したら、保護を再び有効化してください。
    • 問題が解決しない場合、ViPNet Client プログラムが仮想マシンにインストールされていないか確認し、 インストールされている場合はアンインストールしてください。 ViPNet Client とは、Parallels Desktop サービスをブロックすることが知られている防御ソフトウェアであり、特定のサービスを例外に追加するオプションがありません。

ウイルスまたはマルウェア:

2.  ウイルスに感染していないことを確認してください。 不明な場合は、Dr.Web の Dr.Web CureIt! ユーティリティを使用して Windows をチェックします。

  • ウイルスが検出された場合、[Control Panel]>[Add and remove Programs]から Parallels Tools をアンインストールし、ウイルスを除去し、再び Parallels Tools をインストールします。

Coherence ツールサービスの内部エラー:

3.  問題が解決しない場合、Parallels Coherence サービスが仮想マシン内で実行中であることを確認してください。

  • [Start]→[Run]で、「services.msc」と入力します。
  • サービスのリストから Parallels Coherence サービスを探し、これが実行中になっていることを確認します。
  • 既に実行中である場合、再起動を試みます。
  • これで解決しない場合、仮想マシンメニューで[Shut Down]をクリックして仮想マシンをシャットダウンします。 しばらく停止状態にしてから、起動します。



1e5db16426987d561060acdf56d947b4 f9b6a8d63f3437e0dca35c9704a9033c 4987860c21de5849bcebfeb0472cfd03 a9c6e0b6a5209e617a7c0dd5eace86cf

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No