Search

Language:  
Search for:

Available article translations:

スナップショットを使用する

APPLIES TO:
  • Parallels Desktop for Mac Standard Edition
  • Parallels Desktop for Mac Pro Edition

情報

スナップショットは、仮想マシンをある状態で保存したものです。
仮想マシンの実行中に、手動または自動で作成できます。

スナップショットを作成した後は、仮想マシンの操作を続行し、いつでも作成したスナップショットに戻すことができます。

警告:
スナップショットは、いつでも作成できます。ただし、スナップショットを作成する前に、インストール、ダウンロード、または外部デバイスへの書き込みのすべての処理を完了することをお勧めします。また、仮想マシン経由で外部データベースに対して実行した処理も、完了またはキャンセルする必要があります。


スナップショットは、次のような場合に作成します。

  • ゲスト OS を破損させる可能性があるプログラムを実行しようとしているとき

  • 多数の設定が必要なゲスト OS を構成しようとしているとき

  • 開発プロセスのマイルストーンを残しておきたいとき。





注意:1.Boot Camp パーティションを使用する Windows 仮想マシンのスナップショットは作成できません。2.仮想マシンに 1 つ以上のスナップショットがある場合は、その仮想ハード ディスクは圧縮またはサイズ変更できません。


問題が発生した場合は、いずれかのスナップショットに戻し、ゲスト OS を使い続けることができます。 



スナップショットを作成する

  1. Parallels Desktop を起動します。 

  2. Parallels 仮想マシン リストで、スナップショットを作成する仮想マシンを選択します。

  3. [仮想マシン]メニューで[スナップショットの管理]を選択します。

  1. [新規]をクリックし、スナップショット名を指定して[OK]をクリックします。


 

スナップショットの作成を自動化する


SmartGuard 機能を使用して、スナップショットの作成を自動化できます。

注意:SmartGuard を使用できるのは、アンドゥ ディスク機能が無効になっており、仮想マシンセーフ モードで実行していない場合のみです。

 

スナップショット作成の自動化の設定にアクセスするには::

  1. Parallels Desktop を起動します。
  2. Parallels 仮想マシン リストで、スナップショットを作成する仮想マシンを選択します。

  3. [仮想マシン]メニューで[構成]をクリックします。

  4. [オプション] > [バックアップ] をクリックします。


スナップショットの作成を自動化するには、[SmartGuard]メニューをクリックして、次のいずれかを選択します。

  • Time Machine 用に最適化:このオプションを選択すると、24 時間ごとにスナップショットが作成されます。Time Machine による Mac のバックアップ時には、仮想マシン全体ではなく最新のスナップショットのみがバックアップされます。これにより、Time Machine がバックアップするデータ量が減少し、仮想ハード ディスクのバックアップの所要時間が短縮され、Time Machine のバックアップから仮想マシン ハード ディスクを復元する際にデータが紛失または破壊するリスクが最低限に抑えられます。

  • カスタム:このオプションを選択すると、スナップショットの作成頻度とスナップショットの最大保存数を手動で設定できます。

次のスナップショットがいつ作成されるのかを確認したい場合や、スナップショットの作成を却下できるようにしたい場合には、[スナップショット作成前に通知]オプションを有効にします。

注意:Time Machine で Mac をバックアップする場合、仮想マシンを構成して、Time Machine がその仮想マシンのハード ディスク全体ではなく前回のスナップショット以降の差分だけをバックアップするように設定できます。[Time Machine 用に最適化]を選択して[OK]をクリックします。

スナップショットの作成頻度を設定する:

  • [スナップショットを作成する間隔]フィールドを使用します。1 時間から 48 時間の間で設定できます。

時間間隔が 24 時間より短い場合、SmartGuard では最新の時単位、日単位、および週単位のスナップショットを復元できます。時間間隔が 24 時間より長い場合、最新の日単位、週単位および月単位のスナップショットを復元できます。

保持するスナップショットの数を制限するには:

  • [保持するスナップショット数]フィールドを使用して、Mac に保存するスナップショットの最大数を設定します。

指定できる最大値は 100 です。スナップショット マネージャは、スナップショットの数が上限に到達し、上限を超えて新しいスナップショットを作成する必要が生じると、一番古いスナップショットを削除します。


スナップショットに戻す

スナップショットに戻すには:

  1. Parallels Desktop を起動します。
  2. Parallels 仮想マシン リストで、スナップショットに戻す仮想マシンを選択します。
  3. [仮想マシン]>[スナップショットの管理]をクリックします。
  4. どのスナップショットに戻すかを選択し、[移動]をクリックします。

 

スナップショットを削除する

スナップショットを削除するには:

  1. Parallels Desktop を起動します。
  2. Parallels 仮想マシン リストで、スナップショットを削除する仮想マシンを選択します。
  3. [仮想マシン]メニューで[スナップショットの管理]を選択します。
  4. 削除するスナップショットを選択して、[削除]をクリックします。


最新ではない中間のスナップショットを削除すると、そこに含まれている情報は、次のスナップショットにマージされます。 


 



 




1e5db16426987d561060acdf56d947b4 df4909b7dd0609a3c148f007041db6d9 f9b6a8d63f3437e0dca35c9704a9033c

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No