エラー:SmartGuard オプションをオンにできません

5 users found this article helpful

症状

仮想マシンで SmartGuard オプションを有効にしようとすると、次のエラーメッセージが表示されます。

    SmartGuard オプションをオンにできません。

原因

このような状況は、Boot Camp パーティションベースの仮想マシンで SmartGuard を有効にしようとしているケースなどが考えられます。

Parallels Desktop では Boot Camp ベースの仮想マシンに対してスナップショットの作成をサポートしていないため、それらの仮想マシンに対して SmartGuard オプションを有効にすることはできません。

解決策

仮想マシンで SmartGuard を有効にするには、まず、仮想マシンを一般的な仮想マシンに変換してください。

これには、[ファイル]>[Boot Camp のインポート...]をクリックし、表示されるウィザードウィンドウの指示に従います。


 


関連記事:

Was this article helpful?

Tell us how we can improve it.