Windows で Mac ユーザーファイルを使用する

1 users found this article helpful

共有について

Parallels Desktop ではデフォルトで、Mac のデスクトップDownloadsDocumentsピクチャミュージック、およびムービーフォルダーのファイルが、Windows と共有されます。これにより Mac 上で Windows を運用する際に、大きな利便性とデータの安全性が実現します。 

: この機能を使用するには、仮想マシンに Parallels Tools をインストールし、仮想マシンの [構成][セキュリティ] ペインで、[Windows を Mac から分離する] オプションを無効にする必要があります。

Windows で Mac のファイルを使用する

Windows のデスクトップには macOS のデスクトップの項目が表示されます。Windows の [マイドキュメント] フォルダーには Mac 側ディスクの [Documents] フォルダーに保存されている項目が表示されます。他のユーザープロファイルフォルダーも同様です。

ファイルを削除する

Windows のこれらのフォルダーから任意のファイルを削除すると、データは実際に Mac から削除されます。削除したファイルは通常、macOS の [ゴミ箱]、または Windows の [ごみ箱] のいずれかで見つけることができます。

ファイルの作成

任意のファイルを Windows 側のデスクトップダウンロード, ドキュメントピクチャミュージック、およびビデオフォルダーに作成または保存すると、これらのファイルは Mac 側のディスクの対応するフォルダーに実際に保存されます。

 

共有プロファイルの管理

仮想マシンの [構成] > [オプション] タブ > [共有] > [構成...] で、どのフォルダーを Windows と共有するかを構成できます。

共有を無効にするフォルダーまたは継続するフォルダーを選択して、[OK] をクリックします。

Parallels Desktop 16 以降:

Parallels Desktop 16 から、[ごみ箱] を VM と共有する機能が削除され、VM での [ゴミ箱] の動作がシンプルになりました。

Parallels Desktop 15 以前の場合:

: 変更を適用するには、Windows ユーザーセッションからログアウトして、再度ログインする必要があります。

Mac の任意のフォルダーを Windows と共有する

macOS の任意のフォルダーをお使いの Windows 仮想マシンと共有できます。KB 124928 を参照してください。

共有を無効にする

Mac フォルダーの Windows との共有を停止するには、仮想マシンの [構成] > [オプション] タブ > [共有] で、[Mac のユーザフォルダを Windows と共有] オプションを無効化します。

Was this article helpful?

Tell us how we can improve it.