Search

Language:  

Available article translations:

仮想マシンではどのネットワークモード(ブリッジ、共有、またはホストオンリ)を使用すればよいですか?

APPLIES TO:
  • Parallels Desktop for Mac Business Edition
  • Parallels Desktop for Mac Home Edition
  • Parallels Desktop for Mac Pro Edition

質問

仮想マシンではどのネットワークモード(ブリッジ、共有、またはホストオンリ)を使用すればよいですか?

情報

仮想マシンでは通信に次の 3 つのネットワークモードの使用が可能です。使用可能なネットワークモードには、共有、ブリッジ、ホストオンリモードがあります。

共有ネットワーク

仮想マシン向けに推奨するネットワークはこのタイプです。特定の設定を構成する必要がなく、「すぐに使える」ようになっています。このネットワークモードを使用すると、お使いの Mac が仮想マシンのルーターとして機能します。結果は以下の通りです。

 - Parallels Desktop が macOS で実行中の専用仮想 DHCP を使って個別の_仮想サブネット_を作成します。
 - 仮想マシンは専用の IP 範囲で_仮想サブネット_に属しています。
 - 仮想マシンは Mac が属する実際のサブネットには表示されません。
 - 仮想マシンは実際のサブネットでコンピューターに対して ping を行うことができます。

上図から分かる通り、お使いの Mac には 2 つの IP アドレスがあります。これは Mac が実際のサブネット(ホームネットワークなど)と Parallels Desktop が作成した仮想サブネットの 2 つのサブネットに同時に属しているためです。この仮想サブネットの設定に Parallels Desktop からアクセスするには、[環境設定] > [ネットワーク] の順に進みます。
    
共有ネットワークモードを使用するには、お使いの仮想マシンで [構成] > [ハードウェア] > [ネットワーク 1] > [ソース] の順に進み、[共有ネットワーク] を選択します。   

 

ブリッジネットワーク

このネットワークモードを使用すると、お使いの仮想マシンのネットワークカードが「ブリッジ」と呼ばれる技術を使って Mac コンピューターのネットワークカードとの直接接続を確立します。結果は以下の通りです。

 - 仮想マシンが実行中の Mac と同じサブネットに属する独立した物理コンピューターとして表示されます。
 - DHCP サーバー(お使いのルーターなど)が同じサブネットにある他のコンピューターと同じ IP 範囲内の IP アドレスを仮想マシンに提供します。
 - 仮想マシンは ping を行うことができ、サブネットにあるすべてのコンピューターが表示されます。
 - 他のコンピューターは ping を行うことができ、仮想マシンが表示されます。

ブリッジネットワークモードを使用するには、お使いの仮想マシンで [構成] > [ハードウェア] > [ネットワーク 1] > [ソース] の順に進み、[ブリッジ] で[デフォルトのアダプター][イーサーネット] または [Wi-Fi] を必要に応じて選択します。
        
        
ここでは Mac のネットワーク設定に相当するブリッジモードをそれぞれ簡単に説明します。
        
 - [ブリッジ]:[イーサーネット] はお使いの Mac イーサーネットアダプターに相当。
 - [ブリッジ]:[Wi-Fi] はお使いの Mac Wi-Fi アダプターに相当。
 - [ブリッジ]:[デフォルトのアダプター] は Mac でデフォルトに選択したネットワークアダプター([システム環境設定] > [ネットワーク] で出てくるリストの一番目)に相当。
        
       

ホストオンリネットワーク

このモードは Parallels Desktop (10.37.129.x) が作成する仮想サブネットが外部と分離されている点を除けば、共有モードと似ています。結果として、ホストオンリモードで動作している仮想マシンでは、仮想マシンが実行中の Mac のみの表示、ping を行うことができます。

各ネットワークモードの詳細については、サポートマニュアルページをご確認ください。

 

追加情報

下記のネットワークテクノロジーの基礎を参考にして、どのネットワークモードを選択すべきかをご判断いただけます。

ネットワークの説明によく使う用語として、_IP アドレス_、_DHCP サーバー_、_サブネットワーク_、その他多数があります。最初の 3 つがここでは最も重要になってきます。

IP アドレス

インターネットプロトコル (IP) を通信に使うコンピューターネットワークに加わる各デバイス(コンピューター、プリンターなど)に割り当てられた数値ラベルです。

IP アドレスはドット付き 10 進表記で表され、192.168.0.10 のように、それぞれが 0 から 255 までのドットで区切られた 4 つの 10 進数で構成されています。各部はアドレスの 8 ビットのグループを表しています。IP アドレスは従来のアドレスのように、コンピューターやその他のデバイスがお互いに通信するために使われます。

IP アドレスはユーザーまたはシステム管理者によって手動で、あるいは DHCP サーバーによって自動でネットワークデバイス(コンピューター、プリンター、タブレット、スマートフォンなど)に割り当てられます。
お使いの Mac の IP アドレスを表示するには、[システム環境設定] > [ネットワーク] の順に進みます。

お使いの Mac は通常 Wi-Fi 接続を使用しています。


あるいはイーサーネット(有線)接続を使用しています。

 

DHCP サーバー

使用可能な IP アドレスおよび構成情報のデータベースを維持するコンピューターあるいは特定のネットワークデバイス(ルーター)です。サーバーがクライアントデバイス(コンピューター、プリンターなど)からリクエストを受信すると、DHCP サーバーは DHCP クライアントが接続されているネットワークを照合し、クライアントに適切な IP アドレスを割り当て、クライアントに適切な構成情報を送信します。

一般的なホームネットワークでは、ルーターが DHCP サーバーとして機能し、全てのネットワークデバイスに自動で IP アドレスを割り当てるため、お使いの Mac やスマートフォンの IP アドレスや他の必要な設定について思い煩う必要はありません。

 

サブネットワーク(またはサブネット)

IP ネットワークの論理的に表示される分割管理単位です。ネットワークを 2 つまたは 3 つ以上のネットワークに分割することをサブネット化と言います。

サブネットに属するすべてのコンピューターの IP アドレスは、共通で同一の最上位ビットグループでアドレス指定されています。例えば、一般的なホームサブネットで使われる IP アドレスの範囲は 192.168.0.1-255 となります。つまり、お使いの Wi-Fi ルーターの IP アドレスが 192.168.0.1 であれば、 MacBook Pro® の IP アドレスは 192.168.0.10 となり、スマートフォンは 192.168.0.20、ワイヤレスプリンターは192.168.0.30 となります。DHCP サーバーの設定の詳細については、お使いのルーターのマニュアルをご確認ください。

サブネットワーク間のトラフィックは、サブネット間の論理的または物理的境界を構成する、ルーターと呼ばれる特別なゲートウェイを使って交換あるいは転送されます。

 

 




1e5db16426987d561060acdf56d947b4 a9c6e0b6a5209e617a7c0dd5eace86cf f9b6a8d63f3437e0dca35c9704a9033c 4987860c21de5849bcebfeb0472cfd03

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No