インストール後のwindows仮想マシーンのアクティベーション

0 users found this article helpful

インストール後のwindows仮想マシーンのアクティベーション

現象:

Parallels に成功に仮想のwindowsをインストール後、Windowsは、本物でないことを知らせるプロンプトを表示する。

原因:

仮想マシンにインストールされているWindowsは本物ではないか、模造ソフトの被害者であるか、とのおしらせのメッセージが表示される場合、ご利用のWindowsが正しく作動していないか、あるいは本物でない可能性が高いかと考えられます。

Windowsをアクティベートするまでは、定期的に「Windowsは本物ではない」とのリマインダーを受信されます。

さらに、これらのメッセージをより明確に表示するためには、デスクトップは黒くなるかもしれない。リセットすることはできるが、60分毎に、問題が解決するまで、デスクトップはまた黒くなります。

本物であるかどうかと関係なく、、Windowsは重要なセキュリティアップデートを受けられます。しかし、Microsoft Security Essentialsのような正規のWindowsユーザーだけが利用できるアップデートが利用は制限される可能性がります。

 

解決策:

本件を修復するには、お知らせのメッセージをクリックいただき、下記の手順に従ってWindowsを修復するか、

または誤って偽物のソフトウェアを手に入れた場合、本物のWindowsをご購入ください。

1、Paralells desktopをスタートし、windows仮想マシーンをスタートします。

2、コントロールパネル>システム>今すぐアクティブ>オンラインでアクティブ

 

Windowsがアクティベートされていない場合、次のステップに進んでください。

1、アクティベーションウィザード画面上では「他のアクティベーション方法」>「電話よりアクティベート」オプションをクリックします。

 

2、画面に表示されている数字を入力し、地域に応じてMicrosoftに電話をかける。

3,Microsoftのサポートには、Windows OSを仮想マシン上で成功にインストールしたがアクティベートできていないことを伝えます。

4, MicrosoftのサポートはリモートでWindows OS をアクティベートします。

本物のWindowsについて詳しく知りた場合、Microsoft FAQ.を参ください。

 

Was this article helpful?

Tell us how we can improve it.