Search

Language:  

Available article translations:

Remote Application Server 設定の自動バックアップ作成手順

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server 15.5

情報

Remote Application Server 設定を自動的にバックアップするには次の手順を実行します。

注意: PowerShell モジュールは Parallels RAS バージョン 15.5.2 (16138) 以降に含まれます。古いバージョンを使用されている場合には、Parallels Remote Application Server をアップグレードします。

  • 次の内容で PowerShell スクリプトファイル (.ps1) を作成します (管理者ユーザー名、パスワード、バックアップのディレクトリは環境に応じて変更します):

    $SecretPassword = ConvertTo-SecureString "YourRASPassword" -AsPlainText -Force
    $Username = "Administrator"
    $backupDir = "C:\Backup"
    $Date=Get-Date -Format "yyyy-MM-dd"
    Import-Module "C:\Program Files (x86)\Parallels\ApplicationServer\Modules\PSAdmin\PSAdmin.dll"
    New-RASSession -Username $Username -Password $SecretPassword
    Invoke-ExportSettings "$backupDir\$Date.dat2"
    
  • 上記のスクリプトは日付ごとに別ファイルを作成します。同じバックアップ ファイル名で上書きするには、次の内容でスクリプトを作成します:

    $SecretPassword = ConvertTo-SecureString "YourRASPassword" -AsPlainText -Force
    $Username = "Administrator"
    $backupDir = "C:\Backup"
    Import-Module "C:\Program Files (x86)\Parallels\ApplicationServer\Modules\PSAdmin\PSAdmin.dll"
    New-RASSession -Username $Username -Password $SecretPassword
    Invoke-ExportSettings "$backupDir\Backup.dat2"
    
  • Windows タスク スケジューラー を起動します。
  • タスクの作成 をクリックします。
  • 全般タブを設定します。

    alttext

  • 操作 タブを開き、新規 をクリックします。
  • プログラム/スクリプトに powershell、引数に作成した .ps1 スクリプトファイルを追加します。

  • トリガー タブを開き、新規 をクリックします。
  • スケジュール設定を行い、OK をクリックします。



1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1 e9df64665e7346a300c1e6d8fac71c28 4a54b6f3e325683094bb814b9bc24cd3

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No