Search

Language:  
Search for:

Available article translations:

Parallels クライアント バージョン15をクリーンな状態で再インストールする手順

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server 15.0

症状

Parallels クライアント をWindowsマシンから再インストールした場合でも以前の設定ファイルが残ってしまう。

原因

Parallels クライアント の設定が AppData フォルダと レジストリ に保存されるためです。

解決策

この問題を解決するには、設定ファイルが保存されている場所を下記の手順により手動でクリーンナップします。

  1. 以下のレジストリのエントリを削除します:

    • 32bit OS:

      HKEY_CURRENT_USER\Software\Parallels\AppServerClient
      
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Parallels\AppServerClient 
      
    • 64bit OS:

      HKEY_CURRENT_USER\Software\Parallels\AppServerClient
      
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Parallels\AppServerClient
      
  2. 対象マシンの C:¥Users をエクスプローラーで開き、関連するユーザーのプロファイルから設定を削除します。

  3. ユーザープロファイル内の AppData フォルダを開きます。既定値でこのフォルダは非表示のため、まずフォルダーオプションで 隠しフォルダーを表示する オプションを有効にします。

  4. Roaming フォルダを開きます。

  5. Parallels2X という名前を含むサブフォルダをすべて削除します。

  6. マシンを再起動します。

Search words:

user profile

Parallels Client

client uninstall

client reinstall

client reinstallation

RAS




1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1 17333b9b93206d7dd8962eace050749d

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No