Search

Language:  

Available article translations:

セッションタイムアウトの設定手順

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server

情報

セッションタイムアウトは、現在のところParallels Remote Application Serverから設定することはできません。Microsoft グループポリシーを使用して柔軟に設定することを推奨します。

詳細な情報は Microsoft TechNet を参照してください:

リモート デスクトップ サービスのセッションのタイムアウト設定と再接続設定を構成する

セッションタイムアウトを設定するにはGPO設定を編集します。ターミナルサーバー 上で gpedit.msc を起動し、下記の項目に移動します:

コンピューターの構成 > 管理用テンプレート > Windows コンポーネント > リモート デスクトップ サービス > リモート デスクトップ セッション ホスト > セッションの時間制限

alttext

切断されたセッションの制限時間を設定する

このポリシー設定を使うと、切断されたリモート デスクトップ サービス セッションの制限時間を構成できます。

アクティブでアイドル状態になっているリモート デスクトップ サービス セッションの制限時間を設定する

このポリシー設定を使うと、アクティブなリモート デスクトップ サービス セッションがアイドル状態 (ユーザー入力がない状態) になってから自動的に切断されるまでの最長時間を指定できます。

アクティブなリモート デスクトップ サービス セッションの制限時間を設定する

このポリシー設定を使うと、リモート デスクトップ サービス セッションがアクティブになってから自動的に切断されるまでの最長時間を指定できます。

制限時間に達したらセッションを終了する

このポリシー設定を使うと、切断されたリモート デスクトップ サービス セッションの制限時間を構成できます。

RemoteApp セッションのログオフの制限時間を設定する

このポリシー設定では、すべての RemoteApp プログラムを終了した後にユーザーの RemoteApp セッションが切断状態になってから、そのセッションが RD セッション ホスト サーバーからログオフされるまでの時間を指定できます。

注: 新しいGPOの設定を適用するには、管理者として コマンドプロンプト で下記のコマンドを実行します:

gpupdate /force

alttext




1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No