Search

Language:  

Available article translations:

ユニバーサルプリントのメンテナンス

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server

概要

時間がたつと、もう使っていない、リダイレクトされたプリンターをメンテナンスしたりクリーンアップしたりするために、ドライバーの再作成が必要になる場合があります。

この記事では、古いリダイレクトされたプリンターからドライバーをクリーンアップし、削除するのに必要な手順を説明します。

解決策

プリンターを RDS サーバーにリダイレクトするときに、ドライバーが自動的に作成されます。リダイレクトされたプリンターのデフォルトの命名規則は次のとおりです。%PRINTERNAME% for %USERNAME%。

古いドライバーを削除するには、次の手順を実行します。

Windows Server 2003:

1.[スタート] > [プリンタと FAX] を選択します。 2.右クリックし(プリンターではなく、ウィンドウの背景の何もないスペース)、[サーバープロパティ] を選択します。 3.[ドライバー] タブに切り替えます。 4.Parallels プリンターをすべて削除します(メインの Parallels ユニバーサルプリンター以外)。

Windows Server 2008 R2 以降:

1.サーバーの [デバイスとプリンター] にアクセスします。 2.使用可能なプリンターをクリックし、[プリントサーバープロパティ] をクリックします。 3.[ドライバー] タブに切り替えます。 4.Parallels プリンターをすべて削除します(メインの Parallels ユニバーサルプリンター以外)。

ログオン中のユーザーがプリンターを使用していない場合は、そのプリンターを即座に削除できます。ユーザーが再度ログインしようとすると、ドライバーが自動的に再作成されます。




1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No