Parallels Remote Application Server システム要件

0 users found this article helpful

Parallels Remote Application Server コアコンポーネント

Parallels Remote Application Server の Publishing エージェント と Secure Client ゲートウェイ (Parallels Remote Application Server のコアコンポーネント) は、下記のいずれかの Windows サーバー上にインストールする必要があります:

注意: Parallels Remote Application Server は、ドメインコントローラーや DHCP サービスが稼働しているサーバーにインストールしないことを推奨します。

Remote Application Server ターミナルサーバー (RD セッションホスト) エージェント

Remote Application Server ターミナルサーバーエージェントは、下記のいずれかの Windows サーバー上にインストールする必要があります:

注意: リモートデスクトップサービス (Windows Server 2008 以前はターミナルサービス) を有効にする必要があります。

Parallels Client

Parallels Client は下記のオペレーティングシステムでサポートされます:

32 ビット Linux ディストリビューション:

64 ビット Linux ディストリビューション:

ARM ディストリビューション:

ハードウェア要件

Parallels Remote Application Server は、物理環境と仮想環境で幅広くテストされています。Parallels Remote Application Server を稼働させるのに必要な最小ハードウェア要件は下記の通りです。

Parallels Remote Application Serverのスケーラビリティに関する一般的なガイドラインは KB 124027 をご参照ください。

それぞれの機能で使用されるポートの要件は KB 123255 をご参照ください。

Was this article helpful?

Tell us how we can improve it.