Parallels Remote Application Server のアップグレード手順

0 users found this article helpful

Remote Application Server インストールを次のバージョンにアップグレードする場合は、ベストプラクティスに基づいた次の手順に従ってください。

ステージ 1: アップグレードの準備

1.次のドキュメントを読んで、Remote Application Server ソフトウェアの最新バージョンのすべての変更点と追加された機能を確認します。

2.自分のライセンスに有効な更新保証があることを確認します。更新保証はサポート契約に自動的に含まれるわけではありません。

3.仮想サーバー(主に、Remote Application Server Console/License サーバー)に構成されている環境のスナップショットを取得します。

4.[Remote Application Server Console] > [ライセンス] から、現在のインストールでアクティベートされているライセンスキーをコピーして保存します。

5.[Remote Application Server Console] > [ヘルプ] > [バージョン情報] から、現在の Remote Application Server インストールに関する追加情報を収集します(例:11.0.1933)。

6.構成ファイルをエクスポートし、別の場所に保存します。

7.Remote Application Server コンソール/License サーバーで、2X Webportal/Remote Application Server Portal などの別の 2X 製品を実行している場合は、次のようにバックアップを取得して、情報を収集します。

8.バージョン 14 以降にアップグレードする場合は、次の点を考慮します。

ステージ 2: アップグレードの要件

9.ソフトウェアをインストールしてライセンスをアクティベートするには、Remote Application Server Console/License サーバーでインターネットアクセスが必要になります。Remote Application Server Console/License サーバーがインターネットにアクセスできない場合は、サポートにお問い合わせください。

10.すべてのアップグレードに関して、システム上のユーザーがアクティブにならない時間をスケジュール設定することを強くお勧めします。

11.Webportal/Remote Application Server Portal の古いバージョンの場合、Remote Application Server の新しいバージョンと互換性をもたないことがあります。2X Webportal/Remote Application Server Portal がサーバーにインストールされている場合は、最新バージョンを www.2x.com/ras/downloadlinks からダウンロードします。

12.Windows Defender を含む、すべてのファイアウォールとウイルス対策ソフトウェアを無効にすることをお勧めします(ウイルス対策ソフトウェアは Windows サービスから停止する必要があります)。

ステージ 3: アップグレードの手順

13.インストールのアップグレードは Remote Application Server Console/License サーバーから実行します。

14.アップグレード中にメッセージが表示された場合は、ファーム/サイトに構成されているすべての Parallels Agent を更新するよう選択します。

15.2Console にログオンし、すべてのエージェントが認証されていることを確認します。サーバーが 10.6 以前のバージョンを実行していた場合、コンソールアイコンを実行するときに、ユーザー名とパスワードを使用してログオンするように求めるメッセージが表示されます。Remote Application Server ドキュメントを再度確認してください。

16.次に、Remote Application Server Portal ソフトウェアを [一般設定] > [ソフトウェア] > [すぐにチェック] からダウンロードしてインストールします。この手順は、2X Webportal/Remote Application Server Portal を使用していた場合にのみ必要になります。

17.バージョン 14: HALB アプライアンスと 2X RAS レポート作成サービスの最新バージョンをダウンロードします。この手順は、HALB アプライアンスと Remote Application Server レポート作成エンジンとともにバージョン 14 を実行していたインストールにのみ必要になります。

ステージ 4:最終チェック

完了したら、コンソールにログオンし、Remote Application Server Console > [ライセンス] からライセンスをアクティベートします。さらに、[同時使用UBL] 情報が、購入したユーザーライセンスカウントと一致していることを確認します。一致しない場合は、営業担当にご連絡ください。

これで、環境をテストし、すべてのシステムが正常に機能していることを確認する準備が整いました。

追加情報

Remote Application Server バージョン 11 以降では、複数のユーザーが同時に使用できるライセンスモデルを使用できます。詳細はこちらをご覧ください

アップグレード中またはアップグレード後にサポートが必要な場合は、[営業担当] (mailto:sales@2x.com)にご連絡ください。

サポート部門とユーザーと連携してアップグレードのスケジュールを設定することを強くお勧めします。アップグレードのスケジュールを選ぶ際には、有効なサポート契約があることを確認してください。

Remote Application Server ソフトウェア(2xappserver.msi)を手動でダウンロードする必要があるアップグレードの場合は、次の URL からファイルを取得します。www.2x.com/ras/downloadlinks.

Was this article helpful?

Tell us how we can improve it.