Search

Language:  

Available article translations:

仮想マシンを自動的に一時停止する

APPLIES TO:
  • Parallels Desktop for Mac Business Edition
  • Parallels Desktop for Mac Home Edition
  • Parallels Desktop for Mac Pro Edition

情報

[開いているアプリケーションがない場合は Windows を一時停止] オプションを使用すると、Mac リソースの消費を抑えることができます。仮想マシンを一時停止すると、この仮想マシンで現在使用されている RAM や CPU などのリソースが解放されます。解放されたリソースは、ホストコンピューターやそのアプリケーション、またはホストコンピューターで実行されている他の仮想マシンで使用できます。このオプションを選択すると、次の場合に仮想マシンは自動的に一時停止します。

  • 仮想マシンが実行中であるが、そのウィンドウが 30 秒以上アクティブになっていない。

  • ゲストオペレーティングシステムでアプリケーションが実行されていない(ゲスト OS アプリケーションのアイコンが Dock に表示されていない)。

この機能を管理するには:

Parallels Desktop 11 の場合: 仮想マシンの構成 > [オプション] > [アプリケーション] を開きます。

Parallels Desktop 12 の場合: 仮想マシンの構成 > [オプション] > [最適化] を開きます。


* - このオプションは、仮想マシンに Parallels Tools がインストールされており、[セキュリティ] ペインの [Mac を Windows から分離する] オプションが無効になっている場合のみ使用できます。




a9c6e0b6a5209e617a7c0dd5eace86cf 1e5db16426987d561060acdf56d947b4 f9b6a8d63f3437e0dca35c9704a9033c 4987860c21de5849bcebfeb0472cfd03

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No