Search

Language:  

Available article translations:

URL スキーマ

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server

コマンド: アプリケーションの起動および接続設定の保存

このコマンドは次のいずれかの用途で使用することができます:

  • 単一アプリケーションの起動 (必要に応じて接続設定の保存)
  • アプリケーション一覧の表示 (必要に応じて接続設定の保存)
  • クライアントで接続設定の保存 (案内メールで使用)

キー説明
Command "LaunchApp"このフラグでは対象アプリケーションへのアクションを指定します。
AppID 数値 起動するアプリケーションの ID
Alias 文字列 サーバーのフレンドリ名
ConnType 数値 接続タイプ (次のいずれか) - 0 : RAS 接続; 2 : 標準 RDP 接続
ConnMode 数値 接続モード (次のいずれか) - 0 : ゲートウェイモード; 1 : ダイレクトモード; 2 : ゲートウェイ SSL モード; 3 : ダイレクト SSL モード
Server 文字列 接続先ゲートウェイのサーバー名または IP アドレス
Backup 文字列 セカンダリ接続 (必要に応じて)
Port 数値 ポート番号
UserName 文字列
EncPass 文字列 暗号化されたハッシュパスワード。このキーが指定されていない場合、ユーザー接続時にパスワード入力を求められます。
SessionID 文字列 認証セッション ID
Connect ブール型
Save ブール型 RAS Web Portal では常に 'NO' が指定されます。
Request Page 文字列 オプション: アプリケーションが起動された RAS Web Portal ページの正確なパス
(このオプションは iOS クライアントがアプリケーションを閉じた後、RAS Web Portal ページに戻るために使用されます)



1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No