Search

Language:  

Available article translations:

RASPrep

情報

RASPrep は Windows デスクトップ OS のイメージングを行うためのシステム準備ツールで、Parallels RAS v16 以降で使用可能です。

RASPrep からベースイメージから作成された各 VDI 仮想デスクトップをパーソナライズします。Microsoft Sysprep と比較して、RASPrep は必要最小限のパラメーターのみ設定します。

RASPrep はそれぞれの新規 VDI 仮想デスクトップの初回起動時に、次のタスクを実行します。

  • 仮想デスクトップごとに Active Directory 上にコンピューターアカウントを作成
  • ゲスト VM に新しい名前を付与
  • VDI 仮想デスクトップの Active Directory ドメイン参加

動作の仕組み

Publishing エージェントは ドメイン管理コンテキスト (LogonUser/ImpersonateLoggedOnUser) で NetProvisionComputerAccount を呼び出し、Blob を生成します。 生成された Blob を Base64 文字列として sysprep xml に保存し、ゲスト VM エージェントにコピーします。 ゲスト VM エージェントは Blob を基に NetRequestOfflineDomainJoin を呼び出し、組織名とオーナーをレジストリに設定し、更に管理者パスワードをセットして Windows を再起動します。

RASPrep と Sysprep の相違点比較:

操作RASPrepSysprep
ローカルアカウントの削除しないする
新しい SID の生成しないする
テンプレート VM のドメイン離脱しないする
コンピューター名の変更するする
新しいゲスト VM のドメイン参加するする
言語、地域、時刻設定のカスタマイズ不可可能
再起動の回数12 (シール、ミニセットアップおよびドメイン参加)
応答ファイルと Sysprep ツール の準備不要必要

NetProvisionComputerAccount に関する参考情報: https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/desktop/dd815228(v=vs.85).aspx




1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1 4a54b6f3e325683094bb814b9bc24cd3

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No