Search

Language:  

Available article translations:

Parallels Remote Application Server v16 リリースノート

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server 16.2

Parallels Remote Application Server v16.2 (2017年12月1日)

Remote Application Server コアコンポーネント v16.2.0.19039

新機能:

  • ローカルデスクトップからリモートアプリケーションへのファイルのドラッグ&ドロップをサポート (Windows および Mac クライアントでのみサポート。またこのリリースではいくつかのアプリケーションでは動作しない可能性があります)
  • Indeed ID Enterprise Single Sign-On との統合

機能改善:

  • Publishing エージェントへの接続時におけるエージェント状態の報告を改善
  • 複数レポートを開いたときのレポートページの外観
  • リモート PC 接続がすでに他のユーザーによって使用されている場合のエラーメッセージ

バグ修正:

  • RAS コンソールでユーザープロファイルのディスク状態が正しくない可能性がある問題の修正
  • ユニバーサルプリントの様々な問題の修正
  • 一部の VDI ホストから VDI セッションが表示されないことがある問題の修正
  • VDI ゲストが準備中の状態でハングアップする可能性がある問題の修正
  • VDI ゲストが複数のユーザーに提供される可能性がある問題の修正
  • 「特定のマシンが見つかりませんでした」というエラーにより VDI ゲストに接続できない問題の修正

HTML5 Gateway

新機能:

  • マイクロフォンのリダイレクトをサポート

機能改善:

  • ドイツ語キーボードをサポート
  • 二要素認証のチャレンジコードをサポート

バグ修正:

  • IE 使用時に、ファイル転送がセッションをブロックする問題の修正
  • 入力イベントがセッション再起動時に複数回送信されることがある問題の修正
  • ゲートウェイ IP を使用したアプリケーションフィルタリングの修正
  • ゲートウェイ IP を使用した二要素認証の除外リストの修正
  • 二要素認証でチャレンジ OTP を入力するダイアログが表示されない問題の修正

既知問題:

  • Windows 10 build 1703 をベースとした VDI ゲストがクライアントから接続できない場合があり、この問題は次のアップデートで修正予定

RAS PowerShell v16.2.0.19039

バグ修正:

  • コンポーネント状態が「アップデートが必要」を返さない問題の修正。影響するコマンド:
    • Get-RASAgent
    • Get-RDSStatus
    • Get-GWStatus
    • Get-PAStatus
    • Get-SiteStatus
    • Get-VDIHostStatus
  • 設定により無効化された RDSH エージェントが「確認できません」と表示される問題の修正。影響するコマンド:
    • Get-RDSStatus
  • サイト削除時に "Windows デバイスグループリスト" が削除され、新しいサイトの追加に失敗する問題の修正。影響するコマンド:
    • New-Site
    • Remove-Site

Parallels Client (Windows) v16.2.0.19039

新機能:

  • ローカルデスクトップからリモートアプリケーションおよびデスクトップへのファイルのドラッグ&ドロップをサポート

機能改善:

  • クライアントのインストール時に、キー使用拡張機能の属性ポリシーが有効でない証明書を許可する問題の修正

バグ修正:

  • シングルサインオンの有効および無効時にクラッシュする可能性のある問題の修正
  • Parallels Client のインストール時に自動登録の .doc を誤って割り当てる問題の修正

Parallels Client (Linux) v16.2.0.19039

バグ修正:

  • RAS 接続プロパティでローカルリソース タブで「プリンター」の余分なチェックボックスを修正
  • リモート PC 接続から印刷できない問題の修正

Parallels Client (Mac) v16.2.0.19039

新機能:

  • ローカルデスクトップからリモートアプリケーションへのファイルのドラッグ&ドロップをサポート

バグ修正:

  • 二要素認証の使用時に「パスワードの保存」状態がリセットされる問題の修正
  • セカンダリーモニターを複数回接続、解除した場合にクラッシュする可能性がある問題の修正
  • 名前にカンマを含むプリンターをリダイレクトできない問題の修正

Parallels Client (Chrome App) v16.2.0.19039

バグ修正:

  • Chrome の代わりに HTML5 としてサーバーにレポートする問題の修正

レポート作成機能 v16.2.0.19039

新機能:

  • 「マシンによるファームヘルス」という新しいレポートの追加

機能改善:

  • 「サーバーによるサーバーヘルス」というレポートを「サーバーによるファームヘルス」に名称変更

バグ修正:

  • ユーザー名を引数に持つレポートが同じユーザーを一回以上表示する可能性がある問題の修正

RAS パフォーマンスモニター v16.2.0.19039

機能改善:

  • ダッシュボードのデフォルトタイムゾーンをブラウザー設定に一致するよう改善
  • インストール後、監視ダッシュボードを開くよう改善

バグ修正:

  • 管理者以外のユーザーにより実行された場合、権限の問題により RAS パフォーマンスモニターのインストールに失敗する問題の修正

Parallels Remote Application Server v16.1 (2017年10月31日)

Remote Application Server コアコンポーネント v16.1.0.18915

新機能:

  • Remote PC をプールとして構成する新機能
  • RAS パフォーマンスモニターとの統合
  • RD セッションホスト、VDI ホスト、Remote PC およびHTML5 ゲートウェイのプロパティに、ファイル転送許可 / 禁止のオプションを追加
  • ポリシーにファイル転送許可 / 禁止の設定を追加
  • HTML5 ゲートウェイ プロパティの設定として Parallels HTML5 クライアント使用時におけるクリップボードリダイレクトの許可 / 禁止のオプションを追加
  • 「有効なアクセス」ウィンドウで、ユーザー権限情報の CSV へのエクスポート機能を追加
  • ホスト名の入力フィールドに AD コンピューター参照機能を追加
  • ドメインコントローラー接続不可のためユーザー認証ができない場合の通知を追加
  • プロセスウィンドウで公開アプリケーションの子プロセスの表示を追加
  • HTML5 テーマのプロパティで URL フッターの順序変更機能を追加
  • RAS Secure Client ゲートウェイの 32 ビットOS の再対応
  • プロセスウィンドウからリモートコントロールをセッションを起動する機能を追加
  • クライアントマネージャーでデバイスをロックする機能を追加
  • VDI ゲストエージェントをプッシュ配信する際のファイアウォールとリモートアクセス設定の追加
  • GOST アルゴリズムを使用した接続の暗号化
  • RAS Secure Client ゲートウェイで PFX 形式の証明書のサポートを追加
  • Citrix XenServer 7.2 ハイパーバイザーのサポートを追加
  • VDI ホストの実行プロセスを参照する機能の追加
  • VDI ホストの実行セッション内で遠隔操作を実行する機能の追加
  • ユーザープロファイルディスクのディレクトリ構造をカスタマイズする機能の追加

機能改善:

  • RAS コンソール: 種々の UI 改善および管理カテゴリの再編成
  • RAS コンソール: 設定を適用するプロセスを最適化
  • HTML5 ゲートウェイのテーマへのユーザーアクセスが拒否された時のエラーメッセージを改善

バグ修正:

  • オプション無効時においてもサーバー上の RDP ユーザーグループにユーザーが追加される問題の修正
  • Radius 認証の再試行設定が保存されない問題の修正
  • 英語以外の OS でデスクトップエクスペリエンスが検出されず WIA が動作しない問題の修正
  • 複数 PA (Publishing エージェント) サイトでネットワークエラーがある場合、PA サービスが停止する可能性がある問題の修正
  • サイズ 0 のファイルをアップロードする際にクラッシュする可能性がある問題の修正
  • PC エージェントおよび VDI ゲストエージェントが、公開アプリケーション終了時にセッションをクローズしない問題の修正
  • スケジュールが過去に作成された場合、RDSH スケジューラーが正常に動作しない問題の修正
  • 公開アプリケーションの起動時にアプリケーション実行モードが使用されない問題の修正
  • 稀に RAS コンソールで VDI ゲストが一覧表示されない問題の修正
  • VDI ゲスト接続時に「特定のサーバーが見つかりません 」のエラーにより接続できない問題の修正

HTML5 Gateway

機能改善:

  • アプリケーションおよびデスクトップ一覧表示のパフォーマンス改善

バグ修正:

  • パスワードに非 ASCII 文字を使用している場合、認証に失敗する問題の修正
  • スペースキーによりデスクトップがスクロールダウンする可能性がある問題の修正
  • Internet Explorer を使用してファイルをダウンロードする際に、RDP セッションがハングする問題の修正
  • アプリケーションが正しくないフォルダーに表示される可能性がある問題の修正

HALB v16.1.0.18914

バグ修正:

  • 一度ダウンした HALB マスターが復旧した時にクライアントが切断される問題の修正

RAS PowerShell v16.1.0.18915

新しいコマンド:

  • Get-RASVersion
  • Get-RASInvitationSettings, Set-RASInvitationSettings, Invoke-SendRASInvitation
  • Get-RASAgent, Update-RASAgent, Remove-RASAgent
  • Get-SiteStatus, Get-VDIHostStatus, Get-GWStatus, Get-PAStatus, Get-RDSStatus
  • Get-RDSSchedule, Remove-RDSSchedule,
  • New-RDSScheduleDisable, Remove-RDSScheduleDisable, Get-RDSScheduleDisable, Set-RDSScheduleDisable
  • New-RDSScheduleReboot, Remove-RDSScheduleReboot, Get-RDSScheduleReboot, Set-RDSScheduleReboot
  • Get-2FASetting, Set-2FASetting
  • Get-RASAllowedDevicesSetting, Set-RASAllowedDevicesSetting
  • Get-RASAuthSetting, Set-RASAuthSetting
  • Get-RASSessionSetting, Set-RASSessionSetting
  • Add-2FAExcludeGWIPList, Remove-2FAExcludeGWIPList, Add-2FAExcludeIPList, Remove-2FAExcludeIPList
  • Add-2FAExcludeMACList, Remove-2FAExlcudeMACList, Add-2FARadiusAttribute, Remove-2FARadiusAttribute

改善されたコマンド:

  • Get-VDIGuest - RAS テンプレートより作成された VDI ゲストのリストを取得
  • Invoke-Apply - 同期呼び出しに変更
  • Set-GW - ファイル転送許可 / 禁止の設定に対応
  • Set-RDS, Set-RDSDefaultSettings - ファイル転送許可 / 禁止の設定に対応
  • Set-VDIHost - ファイル転送許可 / 禁止の設定に対応

Parallels Client (Windows) v16.1.0.18915

新機能:

  • 拡張ログ有効の機能追加
  • URL スキーマにおいて OverrideArgs 引数のサポートを追加
  • ドメインパスワードの有効期限切れが近い時に通知を表示する機能を追加
  • Etoken スマートカード認証のサポートを追加

機能改善:

  • デフォルトの接続タイムアウトを 60 秒に変更
  • 「アプリケーションに接続できない場合にデスクトップを表示するまでの時間」のデフォルト値を 30 秒に変更

バグ修正:

  • パスワード変更に失敗した場合、ポリシーセットの設定がクリアされることがある問題の修正

Parallels Client (Linux) v16.1.0.18912

新機能:

  • 64 ビット版 Linux Client
  • 拡張ログ有効の機能追加
  • URL スキーマにおいて OverrideArgs 引数のサポートを追加
  • 接続リダイレクトポリシーのサポート追加

機能改善:

  • ビデオ再生がスムーズになるよう改善
  • リモートセッションにおける録音品質の改善
  • Raspberry Pi デスクトップで動作するクライアントの UI レイアウトを改善
  • システム言語をクライアント UI のデフォルトとして使用

バグ修正:

  • Ubuntu 12 でショートカットからのアプリケーションの起動に失敗する問題の修正
  • USB ドライブが稀にリモートセッションにマップされないことがある問題の修正
  • リモートセッションへのログイン時に正しくないパスワードを入力した場合に、黒い画面が表示される問題の修正
  • アクティブな接続で Delete ボタンが動作しない問題の修正
  • Linux デスクトップ環境でシステムトレイがサポートされていない場合でも「システムトレイに最小化」オプションが使用可能になる問題の修正
  • マルチモニターオプションが無効化された公開アイテムへのリモートセッションにおいて、すべてのクライアントモニターが使用される問題の修正
  • デスクトップコンポジションのフラグがリモートセッションに正常に渡されない問題の修正

Parallels Client (Mac) v16.1.0.18912

新機能:

  • ログファイルの表示と削除のオプション追加
  • 拡張ログ有効の機能追加
  • 確立された RDP セッションにおいてスマートカードをリダイレクトする機能の追加

バグ修正:

  • 名前にカンマを含むローカルプリンターがリモートセッションにリダイレクトされない問題の修正
  • ウィンドウタブ切り替え時に稀にクライアント設定ウィンドウが表示されない問題の修正

Parallels Client (iOS) v16.1.0.18896

新機能:

  • PC キーボードのサポート追加
  • URL スキーマにおいて OverrideArgs 引数のサポートを追加
  • 接続設定一覧をコンパクトリストにて表示する機能の追加
  • 接続設定を名前またはアドレスにて検索する機能の追加
  • 公開フォルダーのすべての階層を表示する機能の追加

機能改善:

  • SwiftpointGT マウスによるスクロールの改善

バグ修正:

  • ハードウェアキーボード使用時に Command + Space キーにより入力言語の切り替えができない問題の修正

Parallels Client (Android) v16.1.0.18896

新機能:

  • URL スキーマにおいて OverrideArgs 引数のサポートを追加
  • PC キーボードのサポート追加
  • 接続設定一覧をコンパクトリストにて表示する機能の追加
  • 接続設定を名前またはアドレスにて検索する機能の追加
  • 公開フォルダーのすべての階層を表示する機能の追加

バグ修正:

  • クライアント設定でカスタム解像度が保存されない問題の修正

Parallels Client (Chrome App) v16.1.0.18912

新機能:

  • 国際化キーボードのサポートを追加

機能改善:

  • アプリケーションおよびデスクトップ一覧表示のパフォーマンス改善

バグ修正:

  • アプリケーションを最大化した際、画面領域が使用不可になる問題の修正

レポート作成機能 v16.1.0.18912

バグ修正:

  • 大量のデータにより更新時のタイムアウトが発生する可能性がある問題の修正

Web Portal v16.1.0.18911

機能改善:

  • ログオフアクションが RAS セッションから完全にログオフするように改善

バグ修正:

  • ユーザーが強制的にパスワード変更した時に公開アイテムが表示されない問題の修正

RAS パフォーマンスモニター v16.1.0.18915

新機能:

  • RAS パフォーマンスモニターの最初のリリース

Parallels Remote Application Server v16 Update 1 (2017年9月12日)

Remote Application Server コアコンポーネント v16.0.1.18458

機能改善:

  • PA (Publishing エージェント) をインストールまたはアンインストールした時のエージェント状態を改善
  • 二要素認証の OTP (ワンタイムパスワード) を必要としないゲートウェイから必要とされるゲートウェイにユーザー接続が移動した場合における OTP の改善
  • リモートアプリケーションがクライアント側に表示されない可能性がある問題の改善
  • インターネットエクスプローラー使用時のユニバーサルプリント
  • RDSH エージェントのプッシュ配信
  • クライアントマネージャーにおけるパフォーマンスと安定性の向上

バグ修正:

  • 公開アプリケーションの実行モードが動作しない問題の修正
  • 複数サイト環境のエージェント状態取得時にコンソールがロックされる問題の修正
  • コンソール UI におけるユーザビリティの向上
  • 優先される PA が削除された状態で他のエージェントから参照された場合にクラッシュする可能性がある問題の修正
  • "プロセスを表示" および "セッションを表示" 画面で複数フィルターが動作しない問題の修正
  • VDI 情報が PA 間で正しく同期されない問題の修正
  • 無効化された PA が、他の PA から依然として情報を受信し続ける問題の修正
  • スタンドアローンコンソールで、既存アプリケーションのリストが表示されない問題の修正
  • "Parallels マイアカウントへのサインイン" ダイアログが複数回表示される問題の修正
  • VDI ホストエージェント再起動後におけるゲスト VM リスト表示の修正
  • 複数 PA 環境における 事前作成ゲストの修正
  • Nutanix 環境におけるゲスト削除の修正
  • KVM 環境におけるテンプレートクローンの修正
  • 指定されたゲストからの VDI アプリケーションの公開の修正
  • ゲスト RDP ポートの上書き設定の修正
  • ゲストの再作成とドメイン参加の修正

HTML5 Gateway

機能改善:

  • Internet Explorer で Parallels HTML5 Client を使用した時の日本語入力の改善
  • 公開アプリケーションのリストが長い場合の表示パフォーマンスの改善

RAS PowerShell

新しいコマンド:

  • Get-RASTurboSetting
  • Set-RASTurboSetting

パラメーター追加:

  • Set-GW -WebRequestsURL

Parallels Client (Windows) v16.0.1.18457

バグ修正:

  • Windows 10 における SSO (シングルサインオン) の安定性向上
  • ユーザーのパスワード変更時に接続プロパティのポリシーが削除される問題の修正
  • スマートカードが未登録の場合、スマートカード検出メッセージが正しくない問題の修正
  • 新しいバージョンの Windows UI Automation モジュールでクラッシュする可能性がある問題の修正

Parallels Client (Linux) v16.0.1.18456

新機能:

  • ネットワーク障害時の自動再接続

バグ修正:

  • サーバー認証が「接続しない」または「警告する」に設定されている場合、公開デスクトップ接続時に黒い画面が表示されることがある問題の修正
  • 電源オフのモバイルデバイスがセッションにリダイレクトされた場合、クライアントがセッション起動時に稀にハングアップすることがある問題の修正
  • リモートセッションへのリダイレクト用に USB デバイスを設定しようとした場合、クライアントが稀にハングアップすることがある問題の修正
  • ユーザーパスワードを指定しないでセッションクライアントを起動しようとした場合、クラッシュする問題の修正
  • 接続された MTP デバイスのリストが正しく更新されない問題の修正
  • クライアント側のセッションダイアログの翻訳

Parallels Client (Mac) v16.0.1.18459

機能改善:

  • オンスクリーンキーボードをトラックパッドとして使用した場合の、マウスポインター動作の改善
  • RDP 接続失敗時に、より詳細なエラーメッセージを表示

バグ修正:

  • クライアントマシン名が RAS サーバーに送信されない問題の修正
  • 'OverrideArgs' URLパラメーターが、実行中セッションのアプリ起動時に無視される問題の修正

Parallels Client (iOS) v16.0.1.18459

機能改善:

  • RDP 接続失敗時に、より詳細なエラーメッセージを表示
  • Dumbo マウス使用時のタッチジェスチャーの処理
  • 全体的な安定性向上

バグ修正:

  • RAS サーバーのクライアントポリシーにより接続のエクスポートおよびインポートが禁止されている場合、これらのアクションが実行できないように修正
  • 外付けキーボードの Delete キーが正しく動作しない問題の修正
  • RAS ログイン時に App Switcher が無効になり、一部の公開アプリが自動的に起動される問題の修正
  • 公開アプリでパスワードを入力する必要がある場合、オンスクリーンキーボードで予測テキストを表示しないように修正

Parallels Client (Android) v16.0.1.18457

機能改善:

  • RDP 接続失敗時に、より詳細なエラーメッセージを表示
  • Dumbo マウス使用時のタッチジェスチャー処理
  • 全体的な安定性向上

バグ修正:

  • オンスクリーンキーボード表示時におけるページの上下スクロールを修正
  • RDP セッション切断後、Parallels Client がフリーズすることがある問題の修正
  • Parallels Client から RAS への接続時に、他のアプリからのサウンドがミュートされることがある問題の修正
  • 公開アプリケーションがデスクトップショートカットを作成するように設定されている場合、ショートカットが Android デバイスのデスクトップに自動的に表示されるように修正

Parallels Client (Chrome App) v16.0.1.18454

バグ修正:

  • ユニバーサルプリントがクライアントでクラッシュすることがある問題の修正

レポート作成機能 v16.0.1.18455

バグ修正:

  • いくつかのレポートで時間が正しく計算されないことがある問題の修正
  • VDI デスクトップセッションにログインされた VDI アプリケーションセッションの修正

Web Portal v16.0.1.18457

バグ修正:

  • "HTTPS を強制" が選択されている場合、ユーザーと管理者がログインできない問題の修正

HALB Appliance v16.0.1.18457

機能改善:

  • マスターデバイスがダウンし、ユーザーがセカンダリーデバイスに接続された後、マスターが復旧した場合、ユーザーがマスターに接続されずにセカンダリーデバイスに接続されたままになるケースの改善

Parallels Remote Application Server v16 Hotfix 2 (2017年8月11日)

Remote Application Server コアコンポーネント v16.0.0.18342

バグ修正:

  • RDSH (リモートデスクトップ セッションホスト) エージェント インストール時に、RDSH ロールの追加に失敗する問題の修正
  • 公開アプリケーションの状態が複数回変更された時に、公開アプリケーションが非表示になる可能性がある問題の修正
  • アップグレード後に、2 番目のサイトでデフォルトの HTML5 テーマが作成されない問題の修正
  • RDSH エージェントの状態が使用不可に変更される可能性がある問題の修正
  • アップデートをチェックする機能が正常に動作しない問題の修正
  • "レガシー" モバイルクライアントからの印刷時に、CPU使用率が高くなる問題の修正
  • リダイレクトされたユニバーサルプリンターから印刷ジョブがスプールされない可能性がある問題の修正

RAS PowerShell API

バグ修正:

  • New-VDIGuest: VM が起動していない時、ゲストエージェントの配信に失敗する問題の修正

Parallels Client (Windows) v16.0.0.18343

バグ修正:

  • 公開アイテムの起動時に毎回資格情報の入力が求められる問題の修正

Parallels Client (Android) v16.0.0.18319

機能改善:

  • キーボード表示時におけるスクリーンのスクロール
  • 全体的な安定性向上

Parallels Remote Application Server v16 Hotfix 1 (2017年7月20日)

Remote Application Server コアコンポーネント v16.0.0.18335

機能改善:

  • 翻訳の修正
  • 安定性とメモリ管理の改善
  • サービス停止時のエージェント状態の改善

バグ修正:

  • ユニバーサルスキャン設定のサイト間レプリケーション
  • VDI ホストエージェント アプライアンスにおける正しくないエラーメッセージの削除

RAS PowerShell API

バグ修正:

  • RAS エージェントのリモートインストール

Parallels Client (Windows) v16.0.0.18330

機能改善:

  • 翻訳の修正

Parallels Remote Application Server v16 (2017年7月10日)

Remote Application Server コアコンポーネント v16.0.0.18328

新機能:

  • Turbo.net によるコンテナ化されたアプリケーションの公開をサポート
  • クイックキーパッド: モバイル向けクライアントでメニューコマンドを素早く使用するためのショートカットキーのテンプレート
  • VDI: Nutanix Acropolis および KVM ハイパーバイザーのサポート
  • VDI: Citrix XenServer 7.0 ハイパーバイザーのサポート
  • VDI: VMware、KVM および Hyper-V でのリンククローンのサポート
  • VDI: VDI テンプレートテストのウィザード - VDI テンプレートを使用前に検証する機能
  • VDI: リンククローンを使用して既存のゲストVMを同じ名前で再作成する機能
  • VDI: VDI テンプレートのゲスト VM リスト画面からメッセージの送信およびセッションのログオフが行える機能
  • VDI: SysPrep よりパフォーマンスの良い代替機能 RASPrep
  • RAS コンソール: 任意の Windows マシンにインストールし、リモートで管理アクセスできる機能
  • RAS コンソール: 権限の昇格なしに展開できる機能
  • RAS コンソール: カスタムのクライアントフィルターのサポート
  • RAS コンソール: 設定監査の検索機能
  • RAS コンソール: RD (リモートデスクトップ) セッションホストおよびグループで公開済みリソースを表示する機能
  • RAS コンソール: 特定デバイスのユーザーへの公開アイテムに対する効果的なアクセスを表示し、特定ゲートウェイを経由して接続する機能
  • RAS コンソール: 選択された RD セッションホストで実行中のセッションを表示する機能
  • RAS コンソール: 管理者アカウントで AD グループをサポート
  • RAS コンソール: サイトおよび RD セッションホストカテゴリの UI 設計変更
  • RAS コンソール: ゲートウェイプロパティの UI 設計変更。Web サーバーへのリクエスト転送のオプション、および HTML5 アクセスのデフォルト URL 指定の機能を追加
  • RAS コンソール: 公開アイテムの実行サーバーとユーザーを表示する機能
  • クライアントのアプリケーションリストでは非表示となる管理用フォルダを公開するオプション
  • 公開アプリケーションのアイコンにオーバーレイアイコンを指定する機能
  • アプリケーションのみユーザーへ公開している場合に、RDP デスクトップ接続を制限する機能
  • ポリシー: クリップボートのリダイレクトを制御する設定
  • 同一ファームまたは別のファームの、他のゲートウェイに接続をリダイレクトするポリシー
  • RAS コンソールから RAS エージェントを展開する際に、Remote Desktop Users グループにユーザーを追加する機能
  • RD セッションホストエージェントがインストールされた時に自動的にデスクトップエクスペリエンスを有効にする機能
  • モバイル向けクライアントから管理者にメールを送信するヘルプデスク機能
  • Publishing エージェントの状態が変化した時にアラートを送信する機能
  • RADIUS OTP 接続タイプ名をリネームする機能
  • クライアントでセッションが実行されていない場合に RAS ファームから自動的にログオフする機能
  • デバイスマネージャーで USB ストレージデバイスの使用を管理者により禁止する設定
  • デバイスマネージャーでデバイスをリモートからロックする機能
  • 優先される Publishing エージェントを RD セッションホスト、VDI エージェント、リモート PC エージェントおよび RAS ゲートウェイで割り当てる機能
  • iOS または Android デバイス使用時に、Office 2013 / 2016 アプリケーションの "タッチモード" を自動的に有効化する機能

機能改善:

  • ヘルプデスク管理者がファームに設定を適用できるよう改善
  • インストーラー: サーバーコンポーネントを Windows Server 以外の OS にインストールすることを禁止
  • VDI およびリモート PC 接続で、使用可能な Publishing エージェントをすべて使用するよう改善
  • サーバー状態が Publishing エージェントから見た実際の実行状態になるよう改善
  • RAS VDI スタックにおける安定性とパフォーマンスの向上
  • RAS ゲートウェイの アプリケーション 64 ビット化
  • デバイスマネージャーにおける安定性とパフォーマンスの向上
  • VDI ゲストセッションが VDI ゲストエージェントのインストールが必須となるよう改善

HTML5 Gateway

新機能:

  • テーマ: Parallels HTML5 クライアントの外観を企業のブランドに応じてカスタマイズする機能
  • ファイル転送: リモートセッションをホストするサーバーとのファイルのアップロードおよびダウンロード機能
  • ネットワークレベル認証 (NLA) のサポート
  • 高解像度アイコンのサポート
  • クライアントでセッションが実行されていない場合に RAS ファームから自動的にログオフする機能

機能改善:

  • 二要素認証の OTP 入力フィールドでパスワードをアスタリスクとして表示

RAS PowerShell

新機能:

  • 新しいコマンドのサポート:
    • Invoke-LicenseDeactivation
    • Get-RASFarmSettings, Set-RASFarmSettings
    • Get-RASLBSettings, Set-RASLBSettings
    • New-VDIHost, Get-VDIHost, Set-VDIHost, Remove-VDIHost
    • Get-VM, Start-VM, Stop-VM, Suspend-VM, Restart-VM
    • New-VDIGuest, Get-VDIGuest, Set-VDIGuest, Remove-VDIGuest
    • Get-VDIGuestDefaultSettings, Set-VDIGuestDefaultSettings
    • New-VDIPool, Get-VDIPool, Set-VDIPool, Remove-VDIPool, Add-VDIPoolMember, Remove-VDIPoolMember
    • New-PubVDIDesktop, Get-PubVDIDesktop, Set-PubVDIDesktop, Remove-PubVDIDesktop
    • New-PubVDIApp, Get-PubVDIApp, Set-PubVDIApp, Remove-PubVDIApp
    • New-VDITemplate, Get-VDITemplate, Set-VDITemplate, Remove-VDITemplate
    • Get-VDITemplateSettings, Set-VDITemplateSettings
    • Add-VDITemplateLicenseKey, Remove-VDITemplateLicenseKey
    • Get-VDIPersistentGuest, Set-VDIPersistentGuest
    • Get-VDISettings, Set-VDISettings
    • New-RASAdminAccount, Get-RASAdminAccount, Set-RASAdminAccount, Remove-RASAdminAccount
    • Get-RASMailboxSettings, Set-RASMailboxSettings, Invoke-TestMailboxSettings
    • Get-RASLoadBalancing, Set-RASLoadBalancing
    • New-PA, Get-PA, Set-PA, Remove-PA

HALB v16.0.0.18322

  • 更新なし

Parallels Client (Windows) v16.0.0.18324

新機能:

  • リモートアプリケーションでローカルプリンター設定をサポート
  • セッション情報ウィンドウにより、アクティブな接続の品質、帯域幅および RTT を表示
  • クリップボートリダイレクトの設定
  • クライアントでセッションが実行されていない場合に RAS ファームから自動的にログオフする機能
  • 外部アプリケーションを使用せずに PDF 印刷を行う機能
  • SSO (シングルサインオン) 有効時に スマートカード PIN パススルーをサポート
  • インストーラー: ユーザーが Program Files へのインストールを行う管理者権限を持たない場合に、自動的にポータブル Parallels Client をインストールする機能

機能改善:

  • セッション開始時に、画面上部の RDP コネクションバーを自動的に隠す機能
  • デバイスマネージャーによるデスクトップ置換を使用時に、自動再生を無効にする機能
  • 二要素認証の OTP 入力フィールドでパスワードをアスタリスクとして表示

Parallels Client (Linux) v16.0.0.18325

新機能:

  • 双方向オーディオリダイレクト
  • Generic USB デバイスのリダイレクト
  • プラグアンドプレイのデバイスリダイレクトのサポート
  • 接続品質の自動検出のサポート
  • クリップボートリダイレクトの設定
  • クライアントでセッションが実行されていない場合に RAS ファームから自動的にログオフする機能

機能改善:

  • 二要素認証の OTP 入力フィールドでパスワードをアスタリスクとして表示
  • RDP-UDP 接続のサポート

Parallels Client (Mac) v16.0.0.18324

新機能:

  • ドメインパスワードの変更機能
  • 高解像度アイコンのサポート
  • 接続品質の自動検出のサポート
  • クリップボートリダイレクトの設定
  • クライアントでセッションが実行されていない場合に RAS ファームから自動的にログオフする機能
  • トラブルシューティング用にクライアントログを追加する機能

機能改善:

  • 二要素認証の OTP 入力フィールドでパスワードをアスタリスクとして表示
  • RDP-UDP 接続のサポート
  • 双方向オーディオでネットワークデータ使用率を減少

Parallels Client (iOS) v16.0.0.18316

新機能:

  • Swiftpoint GT マウスのサポート
  • クイックキーパッドのサポート: ショートカットキーボードのテンプレート
  • タッチ ID およびパスコードにより Parallels Client をロック解除
  • "ダンボ" マウスモード
  • 接続品質の自動検出のサポート
  • クリップボートリダイレクトの設定
  • Office 2013 / 2016 アプリケーションの "タッチモード" を自動的に有効化する機能
  • ユーザーの RAS ログイン時に自動的にアプリケーションを開始する機能
  • RTF および HTML フォーマット化されたクリップボートリダイレクトのサポート
  • RAS ゲートウェイおよび RDP サーバー認証を区別する設定
  • 複数の RDP 同時接続のサポート
  • 接続プロパティおよび該当する設定における RAS ポリシーのサポート
  • ヘルプデスクに問題のレポートを送信する機能
  • 接続の並び替え機能
  • Spotlight 検索を使用した公開アプリケーションの検出と起動
  • iOS ダッシュボードからホストへ接続した際の 3D タッチのサポート
  • 最近の接続と公開されたアプリケーションを起動する拡張機能
  • DPI 設定をサポートしたディスプレイ解像度設定

機能改善:

  • 二要素認証の OTP 入力フィールドでパスワードをアスタリスクとして表示
  • RDP-UDP 接続のサポート
  • 入力フィールドの検出
  • 選択テキストの検出
  • 複数接続の画面表示
  • 長い公開アイテム名の表示
  • アプリケーション内に存在するグローバル設定の再配置
  • iOS ネイティブキーボードまたは Bluetooth キーボード使用時に日本語入力が正常に行えないことがある問題の改善

Parallels Client (Android) v16.0.0.18316

新機能:

  • クイックキーパッドのサポート: ショートカットキーボードのテンプレート
  • フィンガープリントおよびパスコードにより Parallels Client をロック解除
  • "ダンボ" マウスモード
  • 接続品質の自動検出のサポート
  • クライアントでセッションが実行されていない場合に RAS ファームから自動的にログオフする機能
  • クリップボートリダイレクトの設定
  • Office 2013 / 2016 アプリケーションの "タッチモード" を自動的に有効化する機能
  • ユーザーの RAS ログイン時に自動的にアプリケーションを開始する機能
  • RTF および HTML フォーマット化されたクリップボートリダイレクトのサポート
  • RAS ゲートウェイおよび RDP サーバー認証を区別する設定
  • 複数の RDP 同時接続のサポート
  • 接続プロパティおよび該当する設定における RAS ポリシーのサポート
  • ヘルプデスクに問題のレポートを送信する機能
  • 接続の並び替え機能
  • 接続設定のエクポートおよびインポート
  • DPI 設定をサポートしたディスプレイ解像度設定

機能改善:

  • マテリアルデザインのガイドラインに従ったクライアントユーザーインターフェイスの再設計
  • 二要素認証の OTP 入力フィールドでパスワードをアスタリスクとして表示
  • RDP-UDP 接続のサポート
  • 入力フィールドの検出
  • 選択テキストの検出
  • 複数接続の画面表示
  • 長い公開アイテム名の表示

Parallels Client (Chrome App) v16.0.0.18324

新機能:

  • ファイル転送: リモートセッションをホストするサーバーとのファイルのアップロードおよびダウンロード機能
  • 高解像度アイコンのサポート
  • クライアントでセッションが実行されていない場合に RAS ファームから自動的にログオフする機能

機能改善:

  • 二要素認証の OTP 入力フィールドでパスワードをアスタリスクとして表示
  • RDP-UDP 接続のサポート

レポート作成機能 v16.0.0.18324

機能改善:

  • セッション種別情報の修正

Web Portal v16.0.0.18324

機能改善:

  • 「セキュアオプション」が不要な場合、無効化する代わりに非表示
  • アプリケーションリスト表示がタイムアウトした時のエラーメッセージ



1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1 4a54b6f3e325683094bb814b9bc24cd3 8c1bd7ac0efc8c4ffbb530ad3ab16fae e672fec7c544b9c6972eababa324d634

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No