Search

Language:  

Available article translations:

Parallels Remote Application Server 推奨されるハードウェア要件

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server 15.5

Parallels Remote Application Server のインストールおよび設定に必要なハードウェア要件は、エンドユーザーの要件によって異なります。

30 ユーザー以下の典型的な構成の場合には、Parallels Remote Application Server を 1台のハイスペックサーバーにインストールし、リソースを直接公開することができます。30 ユーザーより多い場合には、複数サーバーが推奨されます。

Parallels Remote Application Server 導入の計画段階では、下記の点を考慮する必要があります:

  • 複数の CPU コア、高速な転送速度を持つディスク、充分なメモリーから構成されるハイスペック サーバーの使用を推奨します。

  • エンドユーザーによって使用されるリソースが適切に計算されている場合には、ハイパーバイザー上の仮想マシンを使用することもできます。

  • ターミナルサーバーごとに、使用時には 50 ユーザー を超えないように考慮します。

  • RAS Secure Client ゲートウェイ のサーバーごとに、インバウンド接続は 200 ユーザー を超えないように考慮します。また下記の点にも依存します:

    • クライアントからの接続モードが ゲートウェイモード に設定されている場合
    • HTML5 ゲートウェイ または RAS Web Portal を使用されている場合
    • Wyse シンクライアントを使用されている場合
    • その他のHTTP サービスが、このゲートウェイを経由してトンネリングされている場合

    上記のいずれかの場合により、ゲートウェイ負荷が上昇することを考慮する必要があります。

  • VDI の展開を計画している場合には、ハイパーバイザー上で仮想マシンごとのメモリー使用率やディスク容量などのリソース要件を考慮する必要があります。

Parallels Remote Application Server の OS などの システム要件 については次の KB を参照します: http://kb.parallels.com/jp/124019




1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1 e9df64665e7346a300c1e6d8fac71c28

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No