Search

Language:  

Available article translations:

サードパーティ認証情報プロバイダーによるシングルサインオンの設定

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server 15.5

Windows版 Parallels ClientにはSSO (シングルサインオン) のコンポーネントが付属しており、RAS へ SSO 接続をするためにインストールすることができます。

サードパーティの認証情報プロバイダーのコンポーネントを Windows マシンで既に使用されている場合、RAS と Parallels Client で、このコンポーネントを代わりに使用するように設定する必要があります。

注意:
サードパーティのコンポーネントを使用する場合でも、SSO コンポーネントを Windowsマシンにインストールする必要があります。下記の手順で設定を完了した後、Parallels SSO コンポーネントは、認証情報プロバイダーのラッパーとして使用されます。 

サードパーティのコンポーネントを指定するには、サードパーティの認証情報プロバイダーのコンポーネントを強制的に使用する オプションを選択し、コンポーネントのGUID を入力フィールドに指定します。 GUID は Parallels Clientで下記の手順で調べることができます:

  1. Parallels Clientをサードパーティのコンポーネントがインストールされているコンピューター上でインストールします。
  2. Parallels Clientで、ツール > オプション > シングル サインオン (タブページ) を開きます。

  3. サードパーティのSSOコンポーネントを強制的に使用する オプションを選択し、ドロップダウンリストより認証情報プロバイダーを選択します。

  4. [GUID をクリップボードへコピー] ボタンをクリックし、コンポーネントの GUID を入手します。

このコンポーネントの GUID は RAS コンソールで招待メールを設定する時に指定する必要があります。下記の手順に従って設定します:

  1. RASコンソールで、管理 > 招待状の送信 を開きます。

  2. [詳細] ボタンをクリックし、開いたダイアログで、サードパーティの認証情報プロバイダーのコンポーネントを強制的に使用する オプションを選択し、コンポーネントのGUIDを指定します。

このポリシーがWindowsマシンで適用された後、Parallels Clientは自動的に指定されたサードパーティの認証情報プロバイダーを使用するように設定されます。




1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1 e9df64665e7346a300c1e6d8fac71c28

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No