Search

Language:  

Available article translations:

公開アプリケーションの起動に時間がかかる

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server

症状

  • 公開アプリケーションの一覧は即座に表示されるが、公開アプリケーションの起動に非常に時間がかかる。
  • 一旦起動した後は問題なく動作する。
  • ゲートウェイ または ゲートウェイ SSL モードを使用している。
  • RAS Secure Client Gateway プロパティで RDP UDP データトンネリングを有効化 がオンになっている。
  • ターミナルサーバーへのネイティブ RDP 接続で、UDP が有効になっていない。

原因

ユーザー環境において UDP トラフィックが許可されていない。これによりネットワークまたはファイアウォールの問題が発生している。クライアントは UDP で接続を試み、自動的に TCP にフォールバックします (認証などは常に TCP を使用します)。このため公開アプリケーションの起動に時間がかかります。

回避策

RDP UDP データトンネリングを有効化 をオフにします。

alttext

解決策

ユーザーのネットワーク環境で UDP 接続を有効にします。デフォルトで、Remote Application Server は下記の UDP ポートを使用します:

  • 80
  • 443

ネイティブ RDP クライアントで UDP が許可されていることを確認します:

alttext




1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No