Search

Language:  
Search for:

Available article translations:

公開リソースのセッションタイムアウト

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server 15.0
  • Parallels Remote Application Server 14.1

公開アプリケーションが閉じられた時、既定値では 25秒 経過した後、他のアプリケーションを起動しなかった場合、セッションが切断されます。この既定値は ファーム > ターミナルサーバー > サーバーのプロパティ > Agent 設定 から変更することができます。

alttext

Terminal Server エージェント のプロパティは2つの タイムアウト 値を含んでいます:

設定値の範囲既定値
公開セッションのタイムアウト一度もしない、20 秒 - 19 日 25 秒
公開セッションリセットのタイムアウト一度もしない、直後、20 秒 - 19 日直後

セッション内で起動しているアプリケーションが閉じられた時に、セッションは 公開セッションのタイムアウト の値をチェックし、設定された時間が経過した後、他のアプリケーションが起動していなければセッションを切断します。 (公開セッションのタイムアウト)

「一度もしない」に設定されている時は、セッションは起動し続けます。

セッションの切断が発生した後、公開セッションリセットのタイムアウト がチェックされ、システムはリセットタイムアウトが経過した後、セッションをログオフします。

リセットタイムアウトが「直後」に設定されている場合、セッションは切断状態に移行せず、公開セッションのタイムアウト の後、即座にログオフされます。

注意: セッションが RemoteApps を使用している時は、これらのルールは適用されません。




17333b9b93206d7dd8962eace050749d 1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1 cd13b65bcd43d1e2c4cb465404ad4612

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No