Search

Language:  

Available article translations:

クライアントセッションからのログオンの管理

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server 15.0

ログオン管理機能を使用すると、クライアントセッションからのログオンを有効または無効にすることができます。この機能は、change logon コマンドラインユーティリティと同じタスクを実行します。 クライアントセッションからのログオンを管理するには、次の操作を実行します:

  1. Parallels Remote Application Server コンソール で、[ファーム] / <サイト名> / [ターミナルサーバー] に移動します。
  2. ターミナルサーバーを選択し、[タスク] > [コントロール] をクリックします。
  3. [コントロール] メニュー項目には、次のサブメニュー項目があります。
    • ログオンを有効化 - コンソールからではなく、クライアントセッションからのログオンを有効にします。このオプションは、change logon /enable コマンドと同じアクションを実行します。
    • ログオンと再接続を無効化 - コンソールからではなく、クライアントセッションからの 今後のログオンを無効にします。現在ログオンしているユーザーには影響しません。このオプションは、change logon /disable コマンドと同じアクションを実行します。
    • サーバーの再起動までログオンを無効化 - コンピューターが再起動するまで、新しいクライアントセッションからのログオンを無効にします。ただし、既存のセッションへの再接続は許可します。change logon /drainuntilrestart コマンドと同じアクションを実行します。

ターミナルサーバーの現在のログオン制御モードを表示するには、ターミナルサーバーを右クリックし、コンテキストメニューの [コントロール] をポイントします。チェックアウトされたオプションが、選択したターミナルサーバーの現在のログオン制御モードを示します。この確認をコマンドラインから実行するには、サーバーで change logon /QUERY コマンドを実行します。

次の点にも注意してください:

  • サーバーにログオン制御モードを適用する場合、エージェントの状態がそれに従って更新されることを確認してください。
  • サーバーのログオン制御オプションは 1 つずつ設定する必要があります。サーバーグループに対してログオン制御オプションを設定する場合は、スケジューラーを使用できます 。
  • 新しいクライアントセッションからのログオンを無効にして既存のセッションへの再接続を許可するためのオプションはありません (change logon /DRAIN)。その動作が [サーバーの再起動までログオンを無効化] オプション (change logon /DRAINUNTILRESTART) と同じためです。
  • [コンピューターの構成] / [管理用テンプレート] / [Windows コンポーネント] / [リモー トデスクトップサービス] / [リモートデスクトップセッションホスト] / [接続] / [ユーザ ーがリモートデスクトップサービスを使ってリモート接続することを許可する] は [未構成] に設定されている必要があります。それ以外の場合、この設定が優先されます。



1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1 17333b9b93206d7dd8962eace050749d

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No