Search

Language:  
Search for:

Available article translations:

Parallels Remote Application Server のアップグレード

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server 15.5
  • Parallels Remote Application Server 15.0

Parallels Remote Application Server をバージョン 15.0 または 15.5 にアップグレードするには、下記の手順を実行します。

重要情報

  • バージョン 14 以降では 2X OS はサポートされていません。クライアントマネージャーを使用して 2X OS を管理している場合は、バージョン 14 にアップグレードして 2X OS を引き続き使用することはできません。詳細については、ライフサイクルに関するお知らせ を参照してください。
  • Parallels Remote Application Server バージョン 10 以前から Parallels Remote Application Server バージョン 15 または 15.5 へ直接アップグレードする方法はありません。バージョン 10 以前からバージョン 14 にアップグレードする場合は、こちら のアップグレード手順を実行します。バージョン 14 からはバージョン 15 または 15.5 にアップグレードすることができます。
  • 変更された新しいライセンスモデルの詳細については、こちら を参照してください。

ステージ 1: アップグレードの準備

  1. 下記のドキュメントを読んで、最新バージョンのすべての変更点と追加された機能を確認します。
  2. 現在ご使用の Parallels Remote Application Server のライセンスに有効な更新保証 (アップグレード・インシュアランス) が含まれていることを確認します。更新保証はサポート契約に自動的に含まれるわけではありません。
  3. RAS サーバーが仮想化環境で構成されている場合には、スナップショットを取得します。
  4. [RAS コンソール] > [ライセンス] から、現在のインストールでアクティベートされているライセンスキーをコピーして保存します。
  5. [RAS コンソール] > [ヘルプ] > [バージョン情報] から、現在の Remote Application Server インストールに関する追加情報を収集します。
  6. 構成ファイルをエクスポートし、別の場所に保存します。
    • バージョン 10.6 以前の場合は、[RAS コンソール] にログオンし、[ファイル] > [エクスポート] を選択します。
    • バージョン 11.0 以降の場合、このオプションは [管理] > [バックアップ] にあります。
  7. Parallels Remote Application Server コンソールまたは License サーバーで RAS Web Portal などの別の Parallels 製品が実行されている場合は、以下のようにバックアップして情報を収集します。
    • 次のディレクトリとすべてのサブディレクトリをバックアップします。C:¥Program Files(x86)¥2X および C:¥Program Files(x86)¥Parallels
    • RAS Web Portal に関する情報を収集します。[RAS Web Portal 管理コンソール] > [一般設定] > [バージョン情報]

ステージ 2: アップグレード要件

  1. ソフトウェアをインストールしてライセンスをアクティベートするには、Parallels RAS コンソールでインターネットアクセスが必要になります。
  2. すべてのアップグレードは、システム上のユーザーがアクティブにならない時間帯に実施することを強くお勧めします。
  3. Parallels RAS Web Portal の古いバージョンは、Parallels Remote Application Server の新しいバージョンと互換性がない場合があります。Parallels Web Portal がサーバーにインストールされている場合は、こちら から最新バージョンをダウンロードしてください。

ステージ 3: アップグレード手順

  1. [RAS コンソール] > [管理] > [ソフトウェアアップデート] タブ > [すぐにチェック] > [アップデート] に移動して、RAS コンソール / License サーバーから Parallels Remote Application Server 環境のアップグレードに進みます。

    別の方法として、Remote Application Server のインストールファイルをダウンロードします。Parallels Remote Application Server の実行されているインスタンスをすべて終了して、インストールファイルを実行します。

    また、このアップグレードでは、すべてのサイトのライセンスモデルを新しいライセンスモデルに更新します。詳細については、こちら を参照してください。

  2. アップグレード中にメッセージが表示された場合は、ファーム / サイトに構成されているすべての Parallels Remote Application Server Agent を更新するよう選択します。
  3. RAS コンソールにログオンし、すべてのエージェントが認証済みであることを確認します。
  4. Parallels RAS Portal ソフトウェアを使用している場合は、Web Portal 管理コンソールの [一般設定] > [ソフトウェアのアップデート] > [すぐにチェック] からダウンロードしてインストールします。

ステージ 4: 最終チェック

  1. 完了後、[Parallels RAS コンソール] > [ライセンス] からライセンスをアクティベートします。
  2. さらに、同時使用ユーザー数の上限 が、購入したユーザーライセンスカウントと一致していることを確認します。一致していない場合は、Parallels の営業担当までお問い合わせください。

追加情報

アップグレード中またはアップグレード後にサポートが必要な場合は、Parallels テクニカルサポートまでお問い合わせください。

Parallels テクニカルサポートおよびユーザーと連携してアップグレードをスケジュールすることを強くお勧めします。アップグレードを実施する際には、有効なサポート契約があることを確認してください。




17333b9b93206d7dd8962eace050749d 1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1 e9df64665e7346a300c1e6d8fac71c28

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No