Search

Language:  

Available article translations:

RD セッションホストのライセンスサーバー指定手順

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server

この記事では、ターミナルサーバーにて適切な RD ライセンスサーバーを指定する手順について説明します。

注意: 下記の手順では、RD ライセンスサーバーが既にアクティブに設定され、かつ現在未使用の有効なユーザー / デバイス RDS クライアントライセンスを所有していることを前提としています。

  1. ターミナルサーバー上で、管理者権限にてグループポリシーエディター (gpedit.msc) を起動します。

  2. コンピューターの構成 > 管理用テンプレート > Windows コンポーネント > リモート デスクトップ サービス > リモート デスクトップ セッション ホスト > ライセンス を開きます。

  3. 指定のリモート デスクトップ ライセンス サーバーを使用する をダブルクリックします。有効 を選択し、使用する RD ライセンスサーバーをホスト名または IP アドレスで入力します。複数のサーバーを指定する場合には、カンマ区切りを使用します (例: server1, server2, server3)。

  4. 適用 をクリックします。

  5. リモート デスクトップ ライセンス モードの指定 をダブルクリックします。有効 を選択し、所有している RDS クライアントライセンスに応じてライセンスモードを 接続デバイス数 または 接続ユーザー数 に指定し、適用 をクリックします。

  6. コマンドプロンプトにて gpupdate /force を実行します。



1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No