Search

Language:  

Available article translations:

リソースベースおよびラウンドロビンによるロードバランス

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server

情報

ロードバランサーは、Parallels Clients からの RDS および VDI ホストへの接続を負荷分散することを目的として設計されています。 次の 2 種類のロードバランスを使用できます:

  • リソースベース
  • ラウンドロビン

リソースベースによるロードバランスは、各サーバーのビジー状態に応じて、セッションが各サーバーに分配されます。つまり、新しいユーザーセッションは、ビジー状態の程度が最も低いサーバーに常にリダイレクトされます。

ラウンドロビンによるロードバランスは、セッションが順番にリダイレクトされます。たとえば、最初のセッションがサーバー 1 にリダイレクトされ、2 番目のセッションがサーバー 2 にリダイレクトされます。ファームに存在するターミナルサーバーが 2 つの場合、3 番目のセッションは再度サーバー 1 にリダイレクトされます。

ロードバランスのオプションは、RAS コンソール の [ロードバランス] カテゴリで設定できます。

リソースベースのロードバランスの有効化

サイト内に利用できるサーバーが複数ある場合、ロードバランスはデフォルトで有効になっています。デフォルトのロードバランス方法はリソースベースのロードバランスです。

ラウンドロビンのロードバランスをリソースベースに戻すには、[方法] ドロップダウンメニューから [リソースベース] を選択します。

リソースカウンターの構成

リソースベースのロードバランスでは、次のカウンターを使用して、各サーバーのビジー状態を比較します。

  • ユーザーセッション: セッション数の最も少ないサーバーにユーザーをリダイレクトします。
  • メモリ: RAM 使用率が最も低いサーバーにユーザーをリダイレクトします。
  • CPU: CPU 使用率が最も低いサーバーにユーザーをリダイレクトします。

すべてのカウンターが有効になっている場合、RAS ロードバランサー は各カウンターの比率を合計し、最も適切な合算比率のサーバーにセッションをリダイレクトします。 計算式からカウンターを削除するには、[カウンター] セクションでカウンター名の横にあるチェックボックスをオフにします。

ラウンドロビンのロードバランス

ラウンドロビンのロードバランスでは、セッションが順番にリダイレクトされます。たとえば、 ファームに 2 台の RDS サーバーがある場合、最初のセッションはサーバー 1 にリダイレクトされ、2 番目のセッションはサーバー 2 にリダイレクトされ、3 番目のセッションは再度サーバー 1 にリダイレクトされます。

ラウンドロビンのロードバランスの有効化

ラウンドロビンのロードバランスを有効にするには、[方法] ドロップダウンリストから [ラウンドロビン] を選択します。

ロードバランスの詳細設定

セッション管理

  • 接続解除されたセッションへの再接続: ユーザーセッションは、同一ユーザーの切断された以前のセッションにリダイレクトされます。

  • クライアント IP のみでのセッションの再接続: 切断されたセッションに再接続する時に、Parallels Remote Application Server は、再接続を要求するユーザー名と、切断されたセッションのユーザー名を照合し、セッションを一致させます。このオプションを有効にした場合、Parallels Remote Application Server は接続元 IP を照合し、どの切断セッションに再接続するかを決定します。

  • ユーザーはデスクトップごとに 1 セッションと限定する: このオプションを有効にすると、同一ユーザーが複数のセッションを開くことができなくなります。



1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No