Search

Language:  

Available article translations:

Hyper-V ゲストを使用するための Parallels Remote Application Server の構成

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server 14.1
  • Parallels Remote Application Server 14.0
  • Parallels Remote Application Server 12.0

バーチャルデスクトップホストの追加

サーバーをファームに追加するには 2 つの方法があります。[検索] ボタンをクリックして、ドメイン内の利用可能な VDI ホストを自動で検索するか、[追加] ボタンをクリックして、VDI ホストを手動で追加することができます。

*注: *サーバー名の横のチェックボックスは、特定のサーバーをこのファームのユーザーが利用できることを示しています。一時的にサーバーを無効にするには、このチェックボックスをオフにします。

バーチャルホストの検索

[検索] ボタンをクリックして、利用可能なバーチャルホストを自動的に検索します。

ドメイン内のすべてのバーチャルホストがファームで利用可能なサーバーのリストに表示されます。このリストでは、ホストのタイプも特定されます。ファームにサーバーを追加するには、サーバー名の横にあるチェックボックスをオンにします。[OK] ボタンをクリックして変更を確定します。

負荷分散されたファームにサーバーを加えるには、すべてのバーチャルホストに VDI Agent をインストールする必要があります。

バーチャルホストの追加

ホストを手動でファームに追加するには、[追加...] ボタンをクリックして [VDI の種別] を選び、[VDI ホスト] フィールドにホスト名または IP アドレスを入力します。VDI Agent は仮想化技術により同一のマシンで実行されるため、[VDI Agent] プロパティは [VDI ホスト] を指定します。

[次へ] をクリックして続行します。

alttext

Parallels Remote Application Server では、VDI Agent がインストールされているかどうかを確認します。

alttext

ステータスを確認し、2X VDI Agent が応答しなかったことや、サービスがインストールされていないことをステータスが示している場合は、[インストール...] ボタンをクリックして、VDI Agent をインストールします。VDI Agent がすでにインストールされていることをステータスが示している場合は、[追加] をクリックします。

VDI Agent がインストールされる OS を選択します。

管理資格情報を確認し、場合によっては管理資格情報を入力した後で、[インストール] をクリックします。

alttext

インストールが完了したら、[完了] をクリックします。セットアップが完了したら、Remote Application Server により最新の VDI Agent がインストールされていることが確認されます。

[追加] をクリックして、ファームへの仮想ホストの追加を続けます。

alttext

ファームに追加される各バーチャルデスクトップホストに VDI Agent がインストールされていることを確認します。VDI Agent では、Publishing Agent が利用可能なリソースに基づいて各セッションを負荷分散するために必要な情報を収集します。

ホストプロパティ

alttext

ファーム内でこのホストを有効にするには、[ファーム内のホストを有効化] チェックボックスをオンにします。

[VDI の種別] フィールドからホストの VDI プロバイダーを選択し、[VDI のバージョン] フィールドから使用しているバージョンを選択します。特定の VDI ホストのホスト名または IP アドレスを変更するには、[VDI ホスト] フィールドを使用します。

VDI Agent は仮想化技術により同一のマシンで実行されるため、[VDI Agent] プロパティは [VDI ホスト] を指定します。

新しいホストの使用を開始する場合は、ホストのユーザー名とパスワードを入力してください。[OK] をクリックする前にユーザー名とパスワードをテストする場合は、[証明書をチェック] をクリックします。

VDI Agent 設定

alttext

[ダイレクトアドレス変更] チェックボックスをオンにすると、ダイレクトアドレスを構成でき、新しいダイレクトアドレスを入力できます。このアドレスは、ダイレクト接続モードでのみ使用され、クライアントの場所に応じて、内部または外部 IP アドレスになります。外部の場合、IP アドレスはサーバーのファイアウォールに割り当てる必要があります。

さまざまなサーバーを簡単に識別できるように、ご使用のホストに関する情報を [説明] に入力できます。

次に、このホストが受け入れる最大稼働ゲスト数を入力できます。

バーチャルデスクトップの公開

ウィザードを使用してバーチャルデスクトップを公開するには、ナビゲーションバーの [バーチャルデスクトップの公開] をクリックして、[追加] をクリックします。[選択] ダイアログで [デスクトップ] を選択して、デスクトップタイプのリストから [バーチャルデスクトップ] を選択します。

alttext

注: [バーチャルデスクトップホスト] リストに表示されているサーバーが 1 つのみの場合、[公開元の選択] ダイアログは表示されず、[アプリケーションの設定] ダイアログが表示されます。

[公開元の選択] ダイアログでは、バーチャルデスクトップの公開元のバーチャルデスクトップホストを選択できます。バーチャルデスクトップの公開元として、[ファーム内の全サーバー][サーバーグループ]、または [個々のホスト] を選択できます。

alttext

バーチャルデスクトップ

alttext

このダイアログでは、公開済みのデスクトップのデスクトップ名や説明を入力できます。このダイアログでは、公開済みのデスクトップのアイコンも変更できます。

プロパティ

バーチャルデスクトップで使用できるプロパティには次の 4 種類あります。

  • 任意のゲスト: 公開済みのバーチャルデスクトップがログインするすべてのユーザーにロードされます。
  • 特定のゲスト: 選択されているバーチャルデスクトップがすべてのユーザーにロードされます。
  • ゲスト: ユーザー名がバーチャルデスクトップのユーザー名と同じであるユーザーまたはバーチャルデスクトップ名と同じ IP アドレスを持つマシンを使用しているユーザーにバーチャルデスクトップがロードされます。
  • 特定のテンプレート: 指定されたバーチャルデスクトップテンプレートから作成されたバーチャルデスクトップがロードされます。

[パーシスタント] チェックボックスがオンになっている場合は、常に同じバーチャルデスクトップに接続されます。

デスクトップサイズ

ドロップダウンリストから使用する解像度を選択します。[カスタム] を選択すると、独自の解像度を入力できます。

[完了] をクリックしてウィザードを終了すると、先ほど構成したアプリケーションが [公開アプリケーションエクスプローラー] 領域に生成されています。これで、* [公開アプリケーションプロパティ]* 領域のタブを使用して、オプションを再構成することができます。




1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1 cd13b65bcd43d1e2c4cb465404ad4612 c456fed4f6b552b030d067f3520a259b 7a8c362b3e95ad9649cd9d3ca49f2ead

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No