Search

Language:  
Search for:

Available article translations:

DualShield の実装: Parallels Remote Application Server ゲートウェイへの接続

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server

DualShield を有効にすると、ユーザーに二要素認証が適用されます。QuickID などのソフトウェアトークンを使用すると、管理者はユーザーごとにトークンを作成する必要はありません。ユーザーが最初にログインを試みたときに、2X Publishing Agent がトークンを自動で作成します。

ユーザーが Application Server XG Client から接続へのアクセスを試みると、まず Windows ユーザー名とパスワードの入力を求められます。資格情報が受け入れられると、Publishing Agent は DualShield サーバーと通信して、そのユーザーに固有のトークンを作成します。

MobileID または QuickID を使用する場合、該当のソフトウェアをどこでダウンロードできるかに関するメールがユーザーに送信されます。

QuickID トークンを使用する場合、アプリケーションは、メールまたは SMS で送信された一時パスワードを要求します。

OTP を求められた場合、一時パスワードを入力して Application Server XG ゲートウェイにログインします。




1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No