Search

Language:  

Available article translations:

DualShield 5.6+ 認証プラットフォームの構成

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server

*注: *この記事では、Deepnet DualShield 認証プラットフォーム 5.6 以降を Parallels Remote Application Server 10.6 以降と統合する方法を説明します。記載されているバージョンより前のバージョンを使用する場合は、RADIUS インターフェイスを使用してください。

Remote Application Server によってサポートされているトークンの一覧

  • MobileID(FlashID は MobileID と統合されません)
  • QuickID
  • GridID
  • SafeID
  • SecureID(RSA)
  • DigiPass(Vasco)

SafeID などのハードウェアトークンを使用する場合は、提供された XML ファイルを使用して、最初にトークン情報をインポートする必要があります。[インポート] をクリックして、提供された XML ファイルを参照します。XML ファイルがインポートされたら、各ハードウェアトークンをユーザーに割り当てる必要があります。

Deepnet で取得できるすべてのインストール手順に従うと、インターネットブラウザー(http://LOCALHOST:8073)で自動的に URP が開き、DualShield の管理コンソールにログインできます。

デフォルトの資格情報(ユーザー: sa、パスワード: sa)を使用して、DualShield の管理コンソールにログインします。デフォルトのパスワードを変更するように要求されます。

アプリケーションへのアクセスが許可されるユーザーのドメインがレルムに含まれているため、アプリケーションはレルムへの接続を提供するように設定されます。

レルムは、複数のドメインユーザーが同じアプリケーションにアクセスできるように設定されます。

Remote Application Server が通信するアプリケーションを作成する必要があります。[アプリケーションウィザード] をクリックして、以下に表示される情報を入力し、[次へ] を押します。

LDAP サーバーの設定を指定して、[完了] を押します。

アプリケーションの構成後に、DualShield サーバーがエンドユーザーと通信するために使用する電子メールゲートウェイまたは SMS ゲートウェイを構成する必要があります。このドキュメントでは、電子メールゲートウェイを使用します。[構成] メニューの [ゲートウェイ] を選択します。

電子メールゲートウェイを構成します。

[編集] を押して、SMTP サーバー情報を入力します。




1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No