Search

Language:  

Available article translations:

Deepnet: ターミナルサーバー接続への接続

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server

Deepnet を有効にすると、ユーザーに二要素認証が適用されます。QuickID などのソフトウェアトークンを使用すると、管理者はユーザーごとにトークンを作成する必要はありません。ユーザーが最初にログインを試みたときに、Publishing Agent がトークンを自動で作成します。

ユーザーが ApplicationServer Client から接続へのアクセスを試みると、まず Windows ユーザー名とパスワードの入力を求められます。資格情報が受け入れられると、Publishing Agent は Deepnet サーバーと通信を行い、そのユーザーに固有のトークンを作成します。

次に、このトークンをアクティベートする必要があります。[確認証明] セクションの構成時に選択したチャネルに基づいて、ボタンをクリックし、メールまたは SMS で有効化コードを送信します。図 13 に ApplicationServer Client によって表示されるログインウィンドウが示します。その後、トークンの有効化コードが含まれるメッセージが送信されます。この有効化コードを [有効化コード] テキストボックスに挿入する必要があります。

MobileID または FlashID を使用する場合、該当のソフトウェアをどこでダウンロードできるかに関するメールがユーザーに送信されます。

QuickID トークンを使用する場合、アプリケーションは、メールまたは SMS で送信された一時パスワードを要求します。

GridID を使用する場合、ユーザーはクライアント自体からグリッドを印刷できます。これはユーザーの初回のログオン時にのみ使用できます。

ワンタイムパスワードを入力して、ターミナルサーバー接続にログインします。




1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No