Search

Language:  

Available article translations:

Remote Application Server クイックスタートガイド: 構成

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server 14.1
  • Parallels Remote Application Server 14.0

注:このガイドの正しく実行するには、リモートデスクトップサーバーからリソースを公開する手順が必要になります。結果として、ターミナルサービスのある Windows 2003 か、RDS サービスを使用し、RDS CAL が利用可能な Windows 2008 以降が必要になります。

リモートデスクトップサービスの設定に関する詳細は、こちらでご覧ください。

http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc770412.aspx

製品の構成

Parallels Remote Application Server はコンソールから構成および管理できます。ログインするとコンソールが表示され、そこで構成および設定を行うことができます。

コンソールでは次のような項目が表示されます。

alttext

  1. このセクションにはすべての構成カテゴリーが含まれます。

  2. この情報バーの左側にはサイトが表示され、右側には現在ログインしているユーザーが表示されます。

  3. このツールバーから公開ウィザードを起動できます。

  4. ファームと公開のカテゴリーでのみ利用でき、ナビゲーションツリーを使用して、該当カテゴリーに関連するオブジェクトを参照できます。

  5. このセクションには、ファーム内のサーバー、公開済みのアプリケーションのプロパティなど、選択したオブジェクトまたはカテゴリーのプロパティが表示されます。

  6. このセクションには、最新のコンソール通知が表示されます。

ファームへのバックエンドサーバーの追加

コンソールを開いたら、最初にこのファーム内のバックエンドリソースを構成します。通常の配置の場合は、RDS ホストの役割を実行するターミナルサーバーか、VDI ホストのいずれかから行います。

ターミナルサーバーの追加

  1. [ファーム] カテゴリーを選択し、ナビゲーションツリーから [ターミナルサーバー] をクリックします。

  2. [タスク] ドロップダウンメニューから [追加] を選択し、セットアップウィザードを起動します。プロンプトが表示されたら、サーバーの FQDN または IP を入力します。この場合は、Parallels Remote Application Server サーバーの IP アドレスを入力し、[次へ] をクリックします。

    alttext

  3. 次の手順で、Parallels Remote Application Server は Agent がサーバーにインストールされているかどうかを確認します。確認したら、[追加] をクリックして、サーバーをファームに追加します。

    alttext

リソースの公開

バックエンドリソースを構成したら、この新しい Parallels Remote Application Server からリソースを公開します。

デモ用として、次の項目を公開します。

  • ターミナルサーバーのデスクトップ
  • 公開済みのアプリケーション:メモ帳

ターミナルサーバーからのデスクトップの公開

デスクトップの公開は次の手順で行います。VDI ホストから公開する場合も、同じ手順が適用されます。

  1. [公開] カテゴリーを選択し、上部のナビゲーションバーから [デスクトップ] アイコンをクリックして、デスクトップ公開ウィザードを起動します。

  2. ウィザードの最初の手順で [ターミナルサーバーデスクトップ] を選択し、[次へ] をクリックします。

  3. ウィザードの 2 番目の手順では、どのターミナルサーバーからデスクトップを公開するかを指定します。デスクトップの公開元として、[ファーム内の全サーバー(All Servers in Farm)][サーバーグループ]、またはいくつかの [個々のサーバー] を指定できます(以下のスクリーンショットを参照)。

  4. ウィザードの 3 番目の手順では、[デスクトップ] セクションで氏名と説明を指定します。同じセクションにある [アイコン変更] ボタンをクリックして、異なるアイコンを構成することもできます。[コンソールに接続] オプションを選択すると、公開デスクトップに接続されたユーザーは、バーチャルデスクトップセッションではなくターミナルサーバーのコンソールに接続されます。

  5. [デスクトップサイズ] セクションでは、デスクトップの解像度を指定することもできます。

  6. [完了] をクリックしてデスクトップを公開します。

ターミナルサーバーからのアプリケーションの公開

アプリケーションの公開は次の手順で行います。

  1. [公開] カテゴリーを開き、上部のナビゲーションバーから [アプリケーション] アイコンをクリックします。

  2. ウィザードの最初の手順で [ターミナルサーバー] を選択し、[次へ] をクリックします。

  3. ウィザードの 2 番目の手順で、公開するアプリケーションのタイプを選択します。次のオプションがあります。

    • [1つのアプリケーション]:実行ファイルのパスなど、アプリケーション設定をユーザー自身ですべて構成するには、このオプションを選択します。
    • [導入されたアプリケーション]:サーバーにすでにインストールされているアプリケーションを公開するには、このオプションを選択します。つまり、すべてのアプリケーション設定が自動的に構成されます。
    • [既存のアプリケーション]:Windows エクスプローラーなど、日常的に使用する Windows アプリケーションを公開するには、このオプションを選択します。
  4. ウィザードの 3 番目の手順では、どのターミナルサーバーからアプリケーションを公開するかを指定します。デスクトップの公開元として、[ファーム内の全サーバー(All Servers in Farm)][サーバーグループ]、またはいくつかの [個々のサーバー] を指定できます。

  5. ウィザードの 4 番目の手順で [導入されたアプリケーション] または [既存のアプリケーション] を選択した場合、アプリケーション名にチェックを入れて、公開するアプリケーションを選択し、[完了] をクリックしてアプリケーションを公開する必要があります。

    [1つのアプリケーション] を構成する場合は、[アプリケーション] パスを入力する必要があります。

公開済みアプリケーションへのアクセス

上記の手順が完了したら、次の手順を実行することで、公開済みリソースに Parallels クライアント経由でリモートでアクセスできるようになります。

  1. リモートマシンに Windows クライアントをインストールします。
  2. マシンの IP アドレスに接続するために、新しい接続を設定します。
  3. 認証情報を入力します。
  4. リソースが利用可能になります。



1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1 cd13b65bcd43d1e2c4cb465404ad4612 c456fed4f6b552b030d067f3520a259b

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No