Search

Language:  

Available article translations:

Remote Application Server Console 認証

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server 12.0

情報

バージョン 11 以降では、Parallels Remote Application Server のインストール時にログオン画面が表示されてユーザーの認証を行うため、コンソールとその構成にアクセスできるようになります。

ローカルの完全な管理者権限を持つユーザーはすべてコンソールにアクセスできます。 ログインした最初のユーザーは、コンソールの完全な管理者権限を持ちます。その他の管理者にログインが必要になった場合は、最初にログインした管理者がコンソールの [管理] パネル > [管理] タブで構成します。

Windows Active Directory 環境でのログオン形式には、 UPN 形式(例: username@domain.com)を使用することをお勧めします。

ローカルユーザーを使用する場合は、ログオン形式に .\Administrator などを使用することをお勧めします。




1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1 7a8c362b3e95ad9649cd9d3ca49f2ead

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No