Search

Language:  

Available article translations:

RemoteExec

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server

概要

この記事では、Parallels Remote Application Server Console にある RemoteExec 機能の概要を説明します。

説明

Parallels Remote Application Server には、クライアント側にコマンドを転送したり実行したりできるように、Shell でコマンドを実行する機能が備わっています。

2X RemoteExec と呼ばれるこの機能を使用すると、クライアント側でコマンドライン引数を実行できます。基本的には、cmd コマンドをクライアントにプッシュします。次にこの機能を使用した例を示します。

この例では、RemoteExec を使用して Internet Explorer(IE)を起動し、クライアント側で Yahoo の URL を開きます。ここでは、すべてのクライアント PC と IE が Program files (x86) フォルダー内に配置されており、RemoteExec を 2X クライアント設定で承認する必要があり、2X Console からも有効になっていることを前提としています。次の手順で実行します。

1.コンソールを開きます。 2.[ファーム] を選択します。 3.[ターミナルサーバー] を選択し、この機能を有効にするターミナルサーバーのプロパティに移動します。 4.プロパティで、[Agent設定] を選択します。 5.RemoteExec を許可します。

この場合、RDS セッションで次を実行すると、指定したウェブサイトとともに IE がクライアントマシンでローカルに開きます。

cd C:\Program Files (x86)\2X\ApplicationServer 2xremoteexec.exe "C:\Program Files (x86)\Internet Explorer\iexplore.exe" "www.yahoo.com"

基本的に、この機能によって、RDS サーバーの cmd エントリを送信し(ログオンスクリプトによって簡単に構成可能)、クライアントマシンから実行できるようになります。

サーバーからクライアントへのコマンドの詳細は、次の場所でご確認ください。

http://www.2x.com/new-feature-in-applicationserver-xg-v10-5-server-to-client-commands/




1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No