Search

Language:  

Available article translations:

Parallels Remote Application Server ライセンスシステムではユーザーはどのようにカウントされますか?

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server

ユーザーのカウント方法

Parallels Remote Aplication Server v11.1 が導入されたことで、ユーザーのカウント方法が変更されました。

今後は、ゲートウェイに接続したときではなく、Parallels クライアントからリソースを開いたときにユーザーがカウントされます。

また、ライセンスを消費しているユーザーを簡単に確認できるように、新しい [ライセンスを見る] ボタンが Parallels Console の [ライセンス] パネルに追加されました。このボタンをクリックすると、カウントされているユーザー、そのユーザーの IP アドレスと MAC アドレスが表示されます。

ユーザーをカウントするタイミング

ユーザーが Parallels クライアントからリソースを起動すると、ユーザー名情報が MAC アドレスにペアリングされます。このペアリングにより、ライセンスが 1 つ消費されたとカウントされます。

同じユーザーが別のデバイスから異なる MAC アドレスを使用して接続すると、2 つ目のライセンスが消費されます。




1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No