Search

Language:  

Available article translations:

Deepnet Mobile ID を使用すると、「このタイプはサポートされていません(This type is not supported)」というエラーが表示される

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server

症状

iOS 7 にアップグレード後、MobileID が使用するトークンが機能せず、Parallels クライアントでユーザーの認証ができなくなりました。

原因

iOS 7 では、携帯電話のデバイス ID を取得するために MobileID が呼び出す API の動作が変更されました。ユーザーのトークンがコピーされたり盗難に遭ったりしないようにするためのセキュリティ対策として、MobileID は、デバイスのハードウェア ID でトークンデータを暗号化することで、ユーザーの携帯電話デバイスあてのユーザーのトークンをロックします。iOS はデバイスのハードウェア ID を返す API の動作を予期せずに変更することから、MobileID がユーザーのトークンデータを正しく復号化できません。実際に、iOS 7 では MobileID が携帯電話に格納する既存のトークンが壊れてしまいます。

解決策

MobileID にはバックドアが設けられていないため、MobileID が壊れたトークンを自動的に復元する方法はありません。iOS 7 にアップグレードしたユーザーは、壊れたトークンを削除して、再インストールする必要があります。MobileID アプリ自体を削除、再インストールする必要はありませんのでご注意ください。削除と再インストールが必要となるのはユーザーのトークンです。




1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No