Search

Language:  
Search for:

Available article translations:

Parallels Remote Application Server のアクティベーションエラー:ライセンスキーのアクティベーションに失敗しました

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server 14.0
  • Parallels Remote Application Server 12.0

症状

[ライセンス] パネルからのアクティベーションが失敗し、次のエラーが表示されます。

  • 「ライセンスキーのアクティベーションに失敗しました。(License key activation failed.)support@2x.com にお問い合わせください。(Please contact support@2x.com.)」

または

  • ライセンスのバージョンが一致しません。

解決策

Parallels Remote Application Server 製品のアクティベーションには、2X サーバーのライセンスを検証するために、インターネットアクセスが必要です。リクエストは TCP ポート 443 を介して erp.2x.com に送信されます。

アクティベーションを確実に行うには、ポート 443 を介した erp.2x.com への送信接続を確認する必要があります。

必要に応じて、プロキシ設定を [ライセンスアクティベーション]ウィンドウにある [プロキシ設定]に入力できます。

注記

コマンドプロンプトから次のコマンドを使用して telnet テストを実行することで、Parallels 2X Remote Application Server コンソールを実行するマシンから送信接続が可能かどうかを確認するための簡単なテストを行うことができます。

    telnet erp.2x.com 443

Telnet は Windows Server 2003 に事前にインストールされています。Windows Server 2008 以降の場合は、サーバーマネージャーコンソールからサーバー機能(Telnet クライアント)を追加する必要があります。




1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1 c456fed4f6b552b030d067f3520a259b 7a8c362b3e95ad9649cd9d3ca49f2ead

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No