Search

Language:  
Search for:

Available article translations:

Parallels Terminal Server Agent が再起動後オフラインになる(ServicesPipeTimeout)

APPLIES TO:
  • Parallels Remote Application Server

症状

  • それぞれのサービスを再起動した後に、Parallels Terminal Server Agent が「停止」のままとなり、手動による起動が必要になる場合がある。

  • イベントログには次のように表示されます。

    Log Name:System
    Source:Service Control Manager
    Date:07/05/2013 05:20:40
    Event ID:7000
    Task Category:None
    Level:Error
    Keywords:Classic
    User:N/A
    Computer:ABG-WTS01.ABGRONINGEN.LOCAL
    Description:
    The 2X Terminal Server Agent service failed to start due to the following error:
    The service did not respond to the start or control request in a timely fashion.
    
    Log Name:System
    Source:Service Control Manager
    Date:07/05/2013 05:20:40
    Event ID:7009
    Task Category:None
    Level:Error
    Keywords:Classic
    User:N/A
    Computer:ABG-WTS01.ABGRONINGEN.LOCAL
    Description:
    A timeout was reached (30000 milliseconds) while waiting for the 2X Terminal Server Agent service to connect.
    Event Xml:
    

原因

この問題は、Windows Service Control Manager が Parallels サービスの起動リクエストから応答をタイムリーに受け取らないことが原因で発生します。サービスの起動が失敗し、サービスは「停止」状態のままとなります。

解決策

1.[スタート] > [ファイル名を指定して実行] に移動して regedit と入力します。

2.次の場所に移動します。HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control

3.[Control] フォルダーを選択して右側のペインを右クリックし、[新規] > [DWORD (32 ビット) 値] を選択します。。

4.新しい DWORD の名前を次のように設定します。ServicesPipeTimeout

5.[ServicesPipeTimeout] を右クリックして、[修正] をクリックします。

6.[10 進数] をクリックして 180000 と入力し、[OK] をクリックします。

7.コンピューターを再起動します。




1d70d1f9c41d01c5f7202a4290e434e1

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No