Search

Language:  

Available article translations:

Parallels Desktop 10 で導入されたリアルタイムでのディスク最適化

APPLIES TO:
  • Parallels Desktop for Mac Business Edition
  • Parallels Desktop 12 for Mac Standard Edition
  • Parallels Desktop 11 for Mac Standard Edition
  • Parallels Desktop 10 for Mac Standard Edition
  • Parallels Desktop for Mac Pro Edition
  • Parallels Desktop Lite

情報

Parallels Desktop 10 からは、仮想マシンで使用していないディスク領域について考慮する必要がなくなります。 新たに、ユーザーに代わってこのような領域を自動的に管理する機構が追加されました。

もう、仮想マシンを停止したり、スナップショットをマージする必要はありません。 最適化はバックグラウンドで行われ、仮想マシンのハードディスクが自動的に圧縮されます。

この機能は、Mac のプライマリ ハード ドライブが SSD ドライブであり、Windows 7 / 8.1 の仮想マシンまたは Mac OS X Mountain Lion(10.8)以降の OS X の仮想マシンで使用できる場合に、デフォルトで有効になっています。

従来の HDD ドライブでリアルタイム最適化を有効にするには、仮想マシンの構成を開き、[オプション]>[最適化]に進み、[空き領域: リアルタイムでの仮想ディスクの最適化]オプションをオンにします。

注: リアルタイムでの仮想ディスクの最適化を行うと、圧縮中にしばしば仮想マシンのパフォーマンスが低下する場合があります。




1e5db16426987d561060acdf56d947b4 df4909b7dd0609a3c148f007041db6d9 f9b6a8d63f3437e0dca35c9704a9033c 385adc52a567cad80fb2f95fb8c393bc 4987860c21de5849bcebfeb0472cfd03 837e6c2dfd4fe5573cb6701d781382b4 584440c573d4db14a3f3474b4eb55bb0 ae069407387ff6d2cdd44f3842d61cf7

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No