Search

Language:  
Search for:

Available article translations:

Parallels Desktop の共有ツールについて

APPLIES TO:
  • Parallels Desktop for Mac

Parallels Desktop の共有ツールの全般的な情報

Parallels Desktop では、Mac OS とホスト Windows ゲスト OS を密接に統合できます。この機能を使用するには、仮想マシンに Parallels Tools をインストールし、仮想マシンの構成[セキュリティ] ペインで [Mac を Windows から分離する] オプションを*無効*にする必要があります。

共有フォルダツール

  • 共有フォルダツールを使用すると、Mac のフォルダを仮想マシンと共有できます。その逆も同様です。このツールを使用すると、仮想マシンから Mac フォルダにアクセスし、Mac OS X から仮想マシンのフォルダにアクセスできます。共有するカスタムフォルダを選択することもできます。

    共有フォルダツールを有効にするには、次の手順に従います。

1.仮想マシンのウィンドウを開きます([スタート] はクリックしません)。

2.仮想マシンの構成を開き、[オプション] タブ > [共有] に切り替えます。

3.[共有フォルダ] を希望の値に設定します。

4.必要に応じて、[カスタムフォルダ] を選択します。

Windows フォルダを Mac と共有する場合は、[Windows の共有] ペインで、[Access Windows folders from Mac(Mac から Windows フォルダにアクセス)][Mount virtual disks to Mac desktop(仮想ディスクと Mac デスクトップにマウント)] をオンにします。Windows のボリュームが Mac デスクトップに表示されます。

共有プロファイル ツール

  • 共有プロファイル ツールを使用すると、Mac のデスクトップ、ピクチャ、書類、ダウンロード、ミュージック、ビデオを仮想マシンと共有できるため、このそれぞれに Windows から直接アクセスできるようになります。

    このツールが有効な場合、仮想マシンのデスクトップには Mac OS X デスクトップに存在するアイコンが表示され、[マイドキュメント] フォルダには Mac の [書類] フォルダに格納されているアイテムが含まれます。その他のフォルダも、同様に動作するため、Windows のホームフォルダは Mac のホームフォルダにリンクされます。

    警告:Mac OS X デスクトップの共有が有効な場合にいずれかの Mac OS X ファイルを Windows デスクトップから削除すると、そのファイルは Mac OS X のゴミ箱や Windows のごみ箱には移動されません。そのファイルは、コンピューターから完全に削除されます。

    注意:共有プロファイル機能を有効にするには、すべての Mac ディスク、または少なくとも Mac ホームフォルダを共有する必要があります。

    共有プロファイルツールを有効にするには、次の手順に従います。

1.仮想マシンのウィンドウを開きます([スタート] はクリックしません)。

2.仮想マシンの構成を開き、[オプション] タブ > [共有] に切り替えます。

3.[共有プロファイル] チェックボックスをオンにして、[フォルダを共有] から [すべてのディスク] / [ホームフォルダのみ] に変更します。

共有クラウド

  • Parallels Desktop では、iCloud、PhotoStream、DropBox、GoogleDrive、SkyDrive などお好きなクラウドサービスを使って、簡単に Mac と Windows 仮想マシン間でデータを共有できます。データが重複することはありません。

    詳しくは、この記事をご覧ください。

SmartMount Tool

  • SmartMount を使用し、自動的にストレージデバイスやボリュームを Windows にマウントするよう Parallels Desktop で設定できます。そうすると、Mac OS X と Windows の両方からコンテンツにアクセスできます。

    SmartMount が有効になっていると、これらのアイテムは Windows に自動的にマウントされます。

    • リムーバブルドライブ:USB ハードディスクや USB フラッシュドライブなどの外部ストレージデバイス。
    • CD/DVD ドライブ:CD、DVD ドライブまたは CD/DVD イメージ(一般的に.dmg、.iso、.img の拡張子が付いたファイル)。
    • ネットワークフォルダ:ネットワークで共有されるフォルダ。

    SmartMount Tool を有効にするには、次の手順に従います。

1.仮想マシンのウィンドウを開きます([スタート] はクリックしません)。

2.仮想マシンの構成を開き、[オプション] タブ > [共有] に切り替えます。

3.[SmartMount] チェックボックスをオンにします。

共有アプリケーションツール

  • Windows から Mac OS X アプリケーションにアクセスしたり、Mac OS X から Windows アプリケーションにアクセスしたりできます。たとえば、Windows アプリケーションの [開く] メニューを使用してファイルを探し、後から Mac OS X アプリケーションでファイルを開くこともできます。共有アプリケーションツールを使用すると、一部の種類のファイルに対してデフォルトのアプリケーションを指定できるようになります。これにより、この種類のファイルをデフォルトで Windows アプリケーションで開き、それ以外のファイルを Mac OS で開くことができます。

    共有アプリケーションツールを有効にするには、次の手順に従います。

1.仮想マシンのウィンドウを開きます([スタート] はクリックしません)。

2.仮想マシンの構成を開き、[オプション] タブ > [アプリケーション] に切り替えます。

3.[Share Windows applications with Mac(Windows アプリケーションを Mac と共有)] および/または [Share Mac applications with Windows(Mac アプリケーションを Windows と共有)] をオンにします。

共有インターネットアプリケーションツール

  • 共有インターネットアプリケーションツールを使用すると、仮想マシンにインストールされているインターネットブラウザを含むブラウザを、さまざまな種類のインターネットページのデフォルトのインターネットブラウザとして指定できます。たとえば、インターネットのページを Mac OS X のデフォルトのインターネットブラウザで開き、FTP のページを仮想マシンのインターネットブラウザで開くように設定できます。

    共有インターネットアプリケーションツールを設定するには、次の手順に従います。

1.仮想マシンのウィンドウを開きます([スタート] はクリックしません)。

2.仮想マシンの構成を開き、[オプション] タブ > [アプリケーション] に切り替えます。

3.[Web ページ][メール] を任意の値に設定します。

4.より詳しい構成については、[その他のアプリケーション] ボタンを使用します。




1e5db16426987d561060acdf56d947b4 33c4522b6fa9ca8e050f19b889fb58f1

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No