Search

Language:  
Search for:

Available article translations:

Parallels Management Suite for Microsoft SCCM のソフトウェア配布機能を使用して Mac OS X で Microsoft Office をインストール、アップグレード、およびアンインストールするには

APPLIES TO:
  • Parallels Mac Management 2.5

情報


Parallels Management Suite のソフトウェア配布機能を使用して、Mac OS X で Microsoft Office をインストール、アップグレード、およびアンインストールすることができます。ソフトウェア配布機能の詳しい使用方法は、Parallels Management Suite for Microsoft SCCM 2007 または Parallels Management Suite for Microsoft SCCM 2012 の管理者ガイドでソフトウェア配布のセクションを参照してください。

Mac OS X で Microsoft Office をインストールまたはアップグレードするには:

1.Microsoft Office for Mac 2011 インストールイメージファイルを入手し、Configuration Manager コンソールからアクセスできるフォルダに保存します。ソフトウェア配布パッケージの作成時に、フォルダ名とパスをソース フォルダーパラメータに指定します。2.コマンド ライン パラメータを指定するには、次のラインを使用します。

hdiutil mount -nobrowse Office_Mac_Standard_2011w_SP1_English.ISO && installer -package "/Volumes/Microsoft Office 2011/Office Installer.mpkg/" -target / && hdiutil unmount "/Volumes/Microsoft Office 2011/"


:“.dmg” インストールイメージ用のコマンドラインは、“.iso” インストール用のコマンドラインと似ています。

Microsoft Office for Mac 2011 を削除するには、すべての Microsoft Office for Mac 2011 フォルダとファイルをごみ箱に移動します。削除すべきファイルとフォルダの一覧は、以下の URL で確認できます。
http://technet.microsoft.com/en-US/library/jj984171(v=office.14).aspx

以下のスクリプトによって、Microsoft Office for Mac 2011 を削除します。

#!/bin/bash 
rm -R "/Applications/Microsoft Office 2011/"
rm -R "/Applications/Remote Desktop Connection.app/"
rm -R "/Applications/Microsoft Communicator.app/"
rm -R "/Applications/Microsoft Messenger.app/"
rm -R "/Library/Automator/"
rm -R "/Library/Application Support/Microsoft/MAU2.0"
rm -R "/Library/Application Support/Microsoft/MERP2.0"
rm -R "/Library/Fonts/Microsoft/"
rm "/Library/Preferences/com.microsoft.office.licensing.plist"
rm "/Library/LaunchDaemons/com.microsoft.office.licensing.helper.plist"
rm "/Library/PrivilegedHelperTools/com.microsoft.office.licensing.helper"

IFS=":" 
for shrpoint in $(ls "/Library/Internet Plug-Ins/" | grep SharePoint | tr "\n" ":" ); do
      rm -R "/Library/Internet Plug-Ins/${shrpoint}"
done

for user in $(dscl . list /Users | grep -v _ | tr "\n" ":" ); do
     [ -e "/Users/${user}" ] || continue
     rm -R "/Users/${user}/Library/Preferences/Microsoft/Office 2011/"
     rm -R "/Users/${user}/Library/Application Support/Microsoft/"
     rm -R "/Users/${user}/Documents/Microsoft User Data/"
done

version=$(sw_vers -productVersion)
ver1=$(echo $version | cut -d "." -f -1)
ver1end=$(echo $version | cut -d "." -f 2-)

if [[ $ver1 -eq 10 ]]; then
     ver2=$(echo $ver1end | cut -d "." -f -1)  
     if [[ $ver2 -ge 6 ]]; then
         for rcpts in $(ls "/var/db/receipts/" | grep com.microsoft.office | tr "\n" ":" ); do
               rm -r "/var/db/receipts/${rcpts}"
         done 
     else
         for rpcts in $(ls "/Library/Receipts/" | grep Office | tr "\n" ":" ); do 
               rm -r "/Library/Receipts/${rcpts}"
         done
     fi
fi

unset IFS


上記のスクリプトを “.sh” 拡張子のファイルに保存し、Configuration Manager コンソールからアクセス可能なフォルダに置きます(例:myscript.sh)。ソフトウェア配布パッケージの作成時に、フォルダの名前とパスをソース フォルダーパラメータに指定して、次のコマンドをコマンド ラインパラメータに指定します。

sh myscript.sh




1d79b51112684448ad06c14bdc779b0d b04de9cde5ca3d82066eb1af64eb9cb4

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No