Search

Language:  
Search for:

Available article translations:

エラー: 仮想マシン \"%1\" は使用できません

APPLIES TO:
  • Parallels Desktop

症状

仮想マシンをスタートしようとすると、次のいずれかのエラーが発生します。

仮想マシン \"%1\" は使用できません。

仮想マシン \"%1\" は使用できません (%2)。

仮想マシンは使用できません。仮想マシンのファイルは移動または削除されました。ファイルが外部デバイスに存在する場合、デバイスに再接続します。また、仮想マシンを一覧から削除したり、仮想マシンのファイルを手動で検索できます。

原因

仮想マシンが、元の場所から移動されました。
仮想マシンが Mac から外されました。

解決策

1. [仮想マシンリスト] を開き、仮想マシンを右クリックして、[Finder に表示] を選択します。

2. Finder にフォルダが表示されます。仮想マシンの .pvm ファイルは、そのフォルダにあるはずです。

3. .pvm ファイルがそこにない場合は、Mac で実行した最近の操作を思い出し、ファイルがなくなった原因を探ります。必要な .pvm ファイルが見つかった場合は、上記のフォルダに戻します。また、Spotlight を使用して ".pvm" ファイルを検索することもできます。

4. Parallels Desktop が検索したフォルダの中に .pvm ファイルがある場合は、アクセス権が正しいことを確認します。

注意: 別の仮想マシンを作成し (スタートしたり、ゲスト OS をインストールしないこと)、その仮想マシンの .pvm ファイルのアクセス権と、お使いの仮想マシンの .pvm ファイルのアクセス権を比較します。



1e5db16426987d561060acdf56d947b4

FEEDBACK
Was this article helpful?
Tell us how we may improve it.
Yes No